下草刈りツアーFOR 山火事跡地  |  slowwoods

photo|slowwoods

下草刈りツアーFOR
山火事跡地

5月に植樹した森の下草刈りへ

1

2011820

今回は、長野県東御市田之尻地区から緊急要請を受けての出動です。ここは、山火事で4ha消失してしまった山林を地域住民の憩いの場にする目的から、私たちがこの5月に植樹を行なったところです。

今年は、梅雨明けが例年にない早さで訪れ、毎日暑い日が続きました。そのために、植樹した一帯は雑草たちに浸食され、「人的支援を!」という連絡が入ったので、急遽、下草刈りツアーを行なうことになったという次第です。
 そこで、いつものように新宿西口に集合し、植樹した里山に向かってみると……なるほど、植えたコナラやヤマボウシの苗木の姿がなかなか確認できないほど、びっしりと雑草に覆い尽くされていました。

photo|slowwoods

text|slowwoods

photo|slowwoods

text|slowwoods

今回は刈払機も登場!

2

なかなか手強そうな今回の作業!鎌での作業に加え、強い味方刈払機も登場。

text|slowwoods

3

雨の中、合羽を着ての作業。

苗木の脇に差した竹棒を目印に、苗木にからみついた蔓草をほどき、周囲の雑草を刈ります。

雨の中の作業

photo|slowwoods

4

さあ、刈るぞと気合いを入れいざ。

photo|slowwoods

text|slowwoods

photo|slowwoods

5

どうせやるなら楽しまないとね。

text|slowwoods

背丈ほどの雑草が!

6

植樹したときは焼け野原だったこの山も、ごらんのとおり生い茂ってます。

作業はさらに範囲をどんどん広げながら、前へ前へと進んでいきます。

text|slowwoods

photo|slowwoods

text|slowwoods

苗木が顔をだした!

photo|slowwoods

7

約3時間の作業でここまできれいに。
みんなのがんばりで苗木が顔をだしました。


刈った雑草が秋の到来とともに枯れてくれば、それも栄養にしながら苗木もすくすくと生長してくれるはずです。

 人間の手で植林した人工林は、こうして人間が定期的に手を入れていかなければ健全に育たないのです。

photo|slowwoods

text|slowwoods

全員集合でパチリ

8

がんばったぞー!!!