夏のキャンプと下草刈りツアー  |  slowwoods

photo|slowwoods

夏のキャンプと下草刈りツアー

photo|slowwoods

1

photo|slowwoods

 
 

日陰のほとんどない炎天下で行なう過酷な作業ではありますが、この会のモットーでもある「楽しくなければ何事も続かない」を忘れずに、楽しむところは目一杯楽しみながらのキャンプを兼ねた1泊2日です。
 さて、その初日。新宿からバスに揺られること約3時間半。佐久に到着した一行は準備万端整えて、まずは2010年に植林した森へ、レッツ・ゴー!

             2011年7月16日
 山の夏の仕事といえば、植林した苗の周りに生えた草を刈っていく"下草刈り"と呼ばれる作業がメインです。これをやらないでおくと、養分を周囲の植物に奪われ、また日が充分に当たらないため、苗は元気に生長していくことができません。佐久市大沢地区には、2009年4月に約200本、2010年の4月には約1,200本、さらに今年4月に1,500本のヒノキの苗を植え、今後も私たちが面倒をみていく森が3か所あります。今回の作業は、植えたヒノキの姿が見えないくらい草が生い茂ってしまった、2009年と2010年2か所の森での下草刈りです。

photo|slowwoods

2

夏の森はなかなか手強い。

やる気満々!!
いざ下草刈りへ。

photo|slowwoods

 
 

photo|slowwoods

photo|slowwoods

3

周囲の草を刈ったおかげで、再び日が当たるように

 
 

自分の背丈より高い草を刈っていくのはかなりの重労働。

photo|slowwoods

4

スタッフによる手作り料理。
そうめんに天ぷら、キュウリの浅漬け。

photo|slowwoods

 
 

今回は特別に生ビールのサーバーを用意。
暑い中、あれだけの作業をすれば、すぐにでもよく冷えたビールの1杯も飲みたくなるのは当然です。というわけで、希望者は生ビールを飲みながらのお昼となった次第。あ~、働いたあとの1杯はウマすぎる!

 

photo|slowwoods

いつもであれば、ここで身支度をしてバスに乗って家路へ、となるところですが、今回は泊まりです。昼ご飯を終えたあとは、たっぷりかいた汗を近くの温泉で流し、戻ればみんな揃って夕食の準備。

5

photo|slowwoods

 
 

photo|slowwoods

好評のダッチオーブン料理。
豚バラの薫製と鶏肉と野菜の蒸し焼き。
出来上がりが待ち遠しい。

6

photo|slowwoods

女性陣を中心にみんなに手伝ってもらって、賑やかに夕食の準備。

 

photo|slowwoods

 
 

鶏肉と野菜の蒸し焼きはローズマリー風味。 野菜も甘みが出てとってもおいしい。

7

photo|slowwoods

こちらが出来上がりの豚バラの薫製、ジューシーでやわらか。

photo|slowwoods

photo|slowwoods

8

夏の思い出の 締めくくりは花火で。
そして作業は2日めに続きます。

 
 

火を囲んで自己紹介タイム。
そしてたくさん食べて語って、すっかり今日の疲れも忘れてしまいました。