DO it!  |  makonomako

DO
it!

 
 
 

photo|makonomako

photo|makonomako

001

タラス嬢に会いに行く@白浜

和歌山県白浜町の千畳敷。
爆発する波。
こう言うエナジーを見ると恐怖と言うより「美」を感じてしまいます。

201193

 
 
 
 
 

DO
it!

text|makonomako

 
 
 
 

DO
it!

text|makonomako

photo|makonomako

002

 高波が高い岸壁を超える。

 

photo|makonomako

photo|makonomako

DO
it!

003

 有言実行なあたし、午前4時起動で雨中和歌山へ向かう。不言実行のエリカ様も当然同行。おしゃれな長靴はいて。その頃はまださほどの雨風じゃなかったんですけどね。
 お供はもし雨が一時的にも止んだらの時のためにジナーPとハッセル。ほんでもっコンデジ。
 阪和道で一気に紀伊田辺まで。白浜町には7時過ぎに到着。どんどん雨風が激しくなってきました。こりゃジナーは後部座席で寝てるだけだな。
 車の中でじっとしているわけにもいかないんで、ハッセルで撮影敢行。エリカ様が「あたし、傘を持つわ」とお外に出られたんですが、一瞬にして傘が裏返るw。
 「あたしやっぱり車で待ってるわ。髪の毛濡れたら大変だし。頑張ってね。無茶したらダメよ、ダーリン」小さく手を振る。
 てな具合にアシスタントは戦線離脱。まあ「見守り」も大切なアシストですからね。
 
 

text|makonomako

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

text|makonomako

photo|makonomako

DO
it!

004

 千畳敷から三段壁へ。こうして大地は波で浸食されて行くんだな、って光景。
 ハッセルのレンズが一瞬で雨で濡れるんで拭き拭き撮影。あたしはもうほとんど濡れ鼠。海水パンツにしてたら良かったなって気分。しかしこう言う厳しい環境の中では純機械式カメラって安心感があるんですよ。

 阪和道が有田まで不通になってしまったんで、42号線で帰路へ。渋滞で有名な国道ですがさすがにすいすい。時々止まっては撮影しつつオールフリーをがぶ飲み。
 「今度は晴れたらジナーを使って上げようね」とエリカ様。そういや今月は3連休が続くんだよね。あー楽しみ。

photo|makonomako

photo|makonomako

DO
it!

005

 海水浴場で有名な白良浜も見物。「誰もいない海♪」なんて歌ってる場合じゃないねえ。強風でメガネが吹っ飛んで慌てて追いかける。メガネが行方不明になると運転できんぞ。

photo|makonomako

 
 
 
 
 

text|makonomako

201192

photo|makonomako

text|makonomako

台風に逆張り。

DO
it!

 

 想像させる女♯2
 ツンとちょっとだけ張った胸がいいんです。寄せて上げなくてもあたし微乳好き。
 しかしもうこの季節からカーディガンなんて、女子高生の体温て低いのでせうか?

 
 
 
 

006

 想像させる女♯3
 「華奢」てのは女子自身の生命維持活動にとって適否は解りかねますが、あたしにとっては「守ってあげてたい」状況です。

007

photo|makonomako

text|makonomako

DO
it!

 
 
 
 
 

photo|makonomako

008

 
 
 
 
 

text|makonomako

photo|makonomako

DO
it!

 久しぶりに職場復帰。四日分の仕事を午前中で完璧にこなす。まあ、仕集なんて集中すりゃその程度ね。
 夜中の3時頃に仕事のメールが本社から来てたりして大変な人は大変なんですが。
 台風が接近して雨が降ったり止んだり。ちょっと時速が速くなりましたね。湿った南洋の風がたまりませんが明日には近畿を去るでしょう。
 あたしはこういう時に逆張りして和歌山は白浜に向かう。台風時によく高波に飲まれるバカ男子が居ますがそこらへんは注意して4x5にシュナイダーの360㍉なんかを、風に負けないようにリンホフより重いジナーPに装着して荒波などを撮る予定。少々リスクを背負わないと人生面白くないでしょ?
 他人のお金で海外ロケの仕事に出かけて、空いた時間に自分の写真を撮るなんてお気楽で良いですがちょっと違うと思うあたし。