☆家庭菜園☆ 2010~2011 ひまわりからのスイカ  |  sugisan

photo|sugisan

☆家庭菜園☆
2010~2011
ひまわりからのスイカ

きっかけはひまわり2010。

「そうだ!ひまわり育てよう!」
きっかけはそんなことでした。

ちょうど一年前の今頃、
仕事の昼休憩中に何気なくラジオを
聴いていたらひまわりを育てるキャンペーン
みたいなのをやっていることを知る。
ラジオ局に申し込めば無料で種が貰えるみたい。
面白そうだな。
早速、応募した。

「ひまわり育てるから!」
突然言い出したバカ息子の発言に両親はポカーン。
でも、承諾をしてくれて育ててみることに。
それが、家庭菜園にどっぷりハマった最初の一歩。

ちなみにこれは2010.6.15頃の出来事です。
しばらくは2010の日記になります。

2011615

1

text|sugisan

photo|sugisan

小学生以来の種まき

photo|sugisan

☆家庭菜園☆2010~2011☆ひまわりからのスイカ

text|sugisan

種蒔き。

2

元々、ひまわりは好きでした。
夏に咲く大輪。
太陽に向かって首を振り
いかにも夏が来たーーーって感じ。
ひまわり畑でのほほーんってしたいくらい。

ただ、育てようなんてことは全く思っていなかった。
種まきなんて小学生以来。
人差し指で穴をあけ、種を入れて
優しく土を被せ、水をやる。
遠い昔に経験したことを大人になってやるなんて。
ノスタルジックな胸がキュンとするような
不思議な体験でした。

それはそうと、ひまわりの種は生長は早く
2~3日で発芽しました。
けど、数日後に異変が発生。
                  2010.6.20

2011615

text|sugisan

photo|sugisan

3

2011616

数日で面白いように発芽した。
土の中からぴょこんと種の殻と共に
双葉を出す姿にただただ純粋に感動した。
陳腐な言い方だけど
忘れていた何かを思い出したような感覚。
あまりのうれしさに親に報告もしたりした。
完全に痛いバカ息子。


遅まきのひまわり。
毎朝、発芽したひまわりを見ていたが
昨日まであったひまわりがなかったり
双葉がなくなり茎だけになってるのがあったり。
害虫の仕業に違いないと思い
夜中に懐中電灯を片手に見てみると
そこにはナメクジの大群がっっっ!!!!


                   

ウチにたまたまあったプランターなので汚くてゴメンナサイ。

発芽したが害虫にやられる。

photo|sugisan

text|sugisan

梅雨時に種を蒔いたからかな。

4

2011616

☆男の家庭菜園☆2010~2011ひまわりからのスイカ

ハムスターのエサにもなるくらい
栄養があるひまわりの種。
酒のおつまみにだってなってるし。
だから、ナメクジも食べにきちゃうんだろうな。


発見した直後から塩をぶっかけたり
翌日、ネットで調べてコーヒーのかすが効くとか
色々試してみた。
夜な夜な、灯りを照らしひまわりを助けに行く。
発生当初よりは少なくなってきたけど
どうしてもまだ数匹新たに出現してくる。
これがメタルスライムだったら
どれだけ経験値が貰えただろうか。

2011616

5

追加組。

text|sugisan

photo|sugisan

結局、ナメクジの大群には敗北。
蒔いた種が10~15粒くらい。
1~2粒残して全滅。
そこで諦めていれば何も変わらなかったでしょう。
野菜作りも知らなかったし
この日記も書くことはなかったでしょう。


ほぼ全滅したことが非常に悔しくて
即行、ホームセンターにひまわりの種を買いに行く。
それも、色んな種類がある。
ポピュラーな2mくらい大きいのからミニまで。
どれを買っていいかわからず。
でも、気持ちはとりあえず育てたい。
大きいのも中くらいのもミニも購入。
突然、闘志みなぎるひまわり大作戦が始動。

ホント、汚いプランター&ブレててゴメンナサイ。

ウチにあった汚いプランターだけでは足りず
ついに一般的な65cmプランターを2個購入。
ついでに培養土も。
培養土の意味も知らず父親に勧められたので購入。
多少、畑仕事を趣味でやっているせいか
植物のことは知っている。
でも、今思えばひまわりを発芽させるのに
培養土は不要でした。
理由は後ほど。


たしか、奥が中くらい。
手前はミニだったような。色がキレイ。
見てもわかるように
たくさん発芽してるでしょ?
袋に入っている種、全部蒔きました。

☆男の家庭菜園☆2010~2011ひまわりからのスイカ

6

photo|sugisan

追加組②。

text|sugisan

2011616

☆男の家庭菜園☆2010~2011ひまわりからのスイカ

2011616

7

ひょろひょろ。

text|sugisan

photo|sugisan

ひまわりの発芽に培養土は不要。
なぜなら、ひまわりの種自体が栄養もあり
発芽率というか生命力があるからです。

ご覧あれ。
土に栄養がありすぎて
ひょろひょろになってきました。
いくら成長が早いひまわりとはいえひょろすぎます。
しかも、『間引き』をいう言葉を知りませんでした。
間引きとは種蒔きのとき
数粒蒔いて発育のよいものだけを残し
あとは引き抜く作業のことです。
つまり、抜かれた方はそこでさようなら。
考えただけで悲しくなりました。
でも、間引かないと養分お奪い合いで
思うような成長がしない。
断腸の思いで
作業に取りかからなければなりませんでした。

text|sugisan

追加組③。

8

相変わらずひょろひょろですね。
見ようによっては
葉の大きいかいわれ大根にも見えます。

ひまわりの種をまた追加したわけですが
(ちなみにこれは2袋で100円のダイソーの種です)
理由は自分ちの青空駐車場を
ひまわりでいっぱいにしちゃおうと。
周囲だけでもひまわりで
いっぱいにしてプチひまわり畑を作ろうと。
無謀というか後先考えないというか
大量に種を蒔いた以上責任を取るしかありません。
とりあえず、いっぱい発芽させました。

奥に見える小さいプランター
ひまわりじゃありません。わかります?

☆男の家庭菜園☆2010~2011ひまわりからのスイカ

2011616

photo|sugisan