simple life  |  runko52

photo|runko52

ときめき

1

photo|runko52

text|runko52

 どんな年齢になっても、ときめきだけは忘れたくないものだ。
 私の人生は、2年前から始めた片付けから大きな変化を遂げた。去年から3回も引っ越しをしてしまったくらいだ。仕事も辞めてフリーにもなった。病気もあれよあれよと治ってしまった。

 どうもガラクタを捨てると運が良くなるらしい。
それに、捨てるだけじゃなくて、ときめくものを残すと、人生も大きく変化するようだ。
 この片付けの魔法によって、生まれ変わったおかげで、最近は、6月4日からのおうし座木星の働きもあり、どんどんときめきを感じられる物が増えてきたのであった。
 不要な物は、物だけじゃなくて、家から、人から、仕事からみんな捨ててしまえたというわけだ。残った物はどんなものかというとときめきの人生なのだ。
 人生をときめかせたいなら、片付けがおすすめだ。

photo|runko52

text|runko52

絶対自我

2

 私の趣味は、占いだ。自分のホロスコープを読んで活用するべく、毎日勉強中だ。
 このところ、3月12日の牡羊座天王星入りを皮切りに、あれよあれよというまに、世の中が大変化してしまった。それに、震災に放射能にといろいろな出来事が起きる中で、天秤座土星という時期もあり、人間関係や友達、夫婦に家族といたるところで亀裂が入っているようだ。
 目の前にある現実を直視し何をすべきか瞬時に判断し最善手を逡巡なく行動に移せる人が「絶対自我の人」らしい。
 ハウス1という自分のところに土星という試練が入っている関係で、この絶対自我はかなり鍛えられた。いろんな出来事が起きても、みんなと一緒なら安心ではなくて、自ら情報を収集して判断するのだ。
 ときに、非常識や変人といわれつつも、水瓶座なのでそれが快感だったりするわけだ。
 

作成日:2011 年 06 月 06 日

  • 著者:runko52
発行:runko52

©runko52 2011 Printed in Japan

bcck: http://bccks.jp/bcck/39143
user: http://bccks.jp/dept/runko52
format:DVL_08 #306

photo|runko52