Shigotobiyori  |  yoshikatsu

仕事日和 
 Chapter.10
 京都市動物園 飼育課
 和田 晴太郎さん

001

photo|yoshikatsu

002

 

 京都市動物園に今、獣医は6名います(管理職2名、係員4名)。そしてキーパーさん(飼
育係)をメインにゾウ、ゴリラ、爬虫類と3つの班に構成されていて、各班に一人担当獣医
が付きます。
 新人の獣医は先ずゾウの担当から始めます。非常にデリケートなゾウの担当になることで、キーパーさんにいろいろ教えてもらいます。
 

003

photo|yoshikatsu

ゾウは人を見るので、見慣れない顔にはちょっかいをかけてきたりします。だから最初の
うちは非常に緊張感があるんです。一歩間違えば死にますからね(笑)人の言うことを認識できて、「やめろ」と言えばやめますし、「止まれ」と言えば止まるこ
とができる。賢いんです。それは裏を返せば嫌いな相手を狙うことができるということです。
だから信頼関係が大切です。
 我々獣医は採血のような痛いことする係です。たとえ治療のためであっても動物にとって
は痛いことをする嫌な奴なので、獣医という立場で動物との信頼関係を築くのは難しいかも
知れません。

photo|yoshikatsu

 嫌な奴(=獣医)が帰った後で、キーパーさんがごほうびをあげたりします。そうやって
信頼関係を築いて行くわけです。キーパーさんは痛いことにはタッチしない。 ゾウの睡眠時間はそんなに長くないと言われています。野生のゾウなら2時間眠れば十分
です。動物園の場合は安心できる環境ということもあり、横になって寝ていたりするんです
よ。なぜ横になって寝ていたと分かるかというと頬の辺りにうんこがついてたりするんです
よ。うんこを枕にして寝ているという……。
 

004

photo|yoshikatsu

この動物園にも昔は当直があったんですが、今は夜中に誰もいません。警備会社に委託し
ています。よっぽど体調の悪い動物がいたりする時は残ることもありますが、普段は私たち
も夜に動物をみる機会はほとんどありません。昨年7月にキリンの竜王が生まれた時には、
夕方6時頃に、飼育担当者が子供の蹄が出ているのを確認したため、職員が何人か残りまし
た。生まれたのが午後9時過ぎでしたね。何人かの職員は残って熱心に観察していました。
そういう出産の瞬間に立ち会えるのは動物園に勤めていても機会はそんなに多くありません
から。

005

 ゴリラ班の話をしますと、ゴリラは一般的に男らしい人を嫌います。筋骨隆々の人なんかもう大嫌いです。女性や、男性でも割と中性的な人を好みます。それはゴリラのオスだけでなく、メスでもそうです。一般的にゴリラは男性に厳しく、女性とは仲がいいという傾向を見て取れます。だから欧米ではゴリラの担当は女性のキーパーも多いんですよ。もちろん男性全部が苦手という訳ではなく、好みの男性には優しいのです。この人好きとすり寄って行ったりすることもあって、もう目に見えて違いますね。あからさまに。ペアで飼育担当を組むのですが、どのペアであってもこっちがいい、こいつは嫌いだなとか見定めているのが面白いですよ。

photo|yoshikatsu

ゴリラは男嫌い

006

 この動物園には野生鳥獣救護センターという施設が併設されています。街の動物病院とは
違い、野生の動物で怪我したものを治療する施設です。ここに運ばれてくる動物は、9割が
鳥類で、そのほかタヌキ、イタチ、鹿、ムササビ、それからコウモリなどが来ます。親から
離れて巣から落ちちゃった赤ちゃんコオモリが来たりするんですが、ほんとに小さくて一円
玉サイズだったりします。なかなか育てられない、育ててあげられないというのが現状です。
運ばれてきた動物で助かるのは4割くらい。残りの6割は助からないです

007

動物救護センターの役割

photo|yoshikatsu

008

photo|yoshikatsu

 こういった救護の施設はすべての自治体にある訳ではありません。全国で20数施設。ここでは現場の獣医4名で担当しているのですが、私が主担当で、私が休みのときは、ほかの獣医が担当するという体制でやっています。
 ここのような救護施設が存在することにも、良い面と悪い面があります。人が積極的に手
を出してでも動物を助けなきゃいけない場合と、人が手を出しちゃいけない場合というのが
あると思うからです