Shigotobiyori  |  yoshikatsu

photo|yoshikatsu

Chapter.03
そうげんカフェ 代表
小泉攝さん

 そうげんカフェは、「草」と「源」で「草源」と書くのですが、その意味は、土と光と水、草の源みたいなところからきています。もともとそこまで考えていなかったのですが、よく聞かれることがあって、その時にはそう答えているのでそういう事にします(笑)。

photo|yoshikatsu

1

学生時代

 僕は大学時代、哲学科に在籍していたのですが、勉強を熱心にしていたというわけではありませんでした。それよりもカフェや保育園でバイトをしていたので、そっちの方が人間関係も面白く、学べることも多かったように思います。大学でどうしても哲学を学びたかったというわけではありませんでした。まあ、哲学的なものの見方とか役立っている部分もあるとは思いますが、どうしても哲学を学んでみたいというような熱意があったわけではなかったです。

 カフェとして重要な要素は3つあって、「空間」「料理」「サービス」と考えています。「空間」は光や植物、風通し、物の配置や清潔感すべてで、「料理」は水や大地の恵みを感じることができるもの。「サービス」は気持ちよく過ごせるように接すること。この3つが揃ってはじめて居心地のいいお店になると思います。それはお客さんにとってだけではなくて、働いている従業員にとってもそうだし、出入りする関係業者の人にも、僕にとっても、お店に関わる人すべてにとって居心地のいい場所でありたい。

2

text|yoshikatsu

 ログハウスは木材をカナダから輸入し、一軒分の木材を現地に届けてもらうという方法で組み立てていくのです。材料が一式揃っているという前提のもとでではありますが自力で家を作れるというのはセンセーショナルな体験でした。とはいえプラモデルほど至れり尽くせりではなく、現場で木を削るなどその場その場での工夫を必要とする部分もありましたから創意工夫の余地もあり、いい経験になったと思っています。

 それよりもいろんなことを経験したかったですし、そのための時間的な猶予がほしかったというのが本音でしょうか。学費を親に出してもらっていて申し訳ないと言えばないのですが、今はそれでよかったと思います。
 大学を卒業した後は、知人のやっていたログハウスを作るという仕事を手伝わせてもらっていました。これは力仕事で日本全国あちこちへ行き、ログハウスを組み立てる毎日でした。

3

text|yoshikatsu

 この仕事は大体1年ぐらい続けていたのですが、じつはその時、ログハウスの仕事と同時に教師の資格を取るために大学へ教職課程の聴講へ通ってもいたのです。
 ところがログハウスの仕事に従事しているうちに、大学の出席日数などがギリギリになってしまいました。単位を落として留年、さすがにもう一年大学に通うというわけにはいかないと言う事で、ログハウスの仕事はやめて大学での勉強に専念しました。

text|yoshikatsu

 

4

 次々仕事を変えていますが、僕は一度気持ちが他の方へ向いてしまったら、ズルズルと仕事を続けるのが嫌だったのです。真剣に仕事をしている人にも、関係する人にも失礼だと思いますから。
 だからもう、辞めようと思ったらすぐに辞めます。そしてやりたい事をやります。好奇心と行動力はあります。だからあまりストレスを抱え込むというタイプではないかも知れないです。

 花屋の仕事は華やかな印象と違い、力仕事だったり、いろいろと神経を使う大島さん事もありましたが、配達でいろんな人と出会ったり、アレンジメントの奥深さを知ることができたり、学べることがたくさんありました。
 その仕事を約2年ほど続けた後、今度は広告やウェブのデザインなどの会社で出版物の編集などをする仕事を1年間ほどしました。

5

text|yoshikatsu

6

photo|yoshikatsu

 好きなことやっていくうちに、できることが増えてきた

 それから、独立しました。その時は30歳を超えていましたし、もう次に何かやるならどこかで働かせてもらうというよりは、自分で何かを始めたいなと思いました。といっても最初から、「よし、カフェをやろう!」と思い立ったのではありません。

この経験は最初から計画的に「まずは家の建て方を覚えるためにログハウスで働こう!」「次は花だ!」という風に進めてきたわけではありません。
 何につながり、将来どう役立つかは分かりませんでしたが、その場その場で興味のあることをやってきました。ただ「何かをはじめたい」「ゼロから作り出そう」と思い立ったその時に、できること、やりたい事、好きな事を踏まえ、あらためて考えてみると、「カフェならできるな」と自分なりの勝算みたいなものを感じました。

 何かをやろうとは思いましたが具体的に何かをやるんだと決めていた訳ではありませんでした。いろんな仕事を転々としてきて、僕は何がしたいのか、何ができるのか自問自答した中で見えてきた自分の姿。誰かに雇われて働くというより自分で何かを作りたい。ログハウスを建てる仕事をした経験から家を建てることができる、空間を考えたりすることが好き、花も好き、料理にも興味がある、そして暮らすっていう事そのものに興味がある、と自分を知りました。

text|yoshikatsu

7

とても始めやすかったです。能力や環境、そのほか必要なものがその時点ですべて自然と揃っていたような、手の届く範囲にすべてがある感じがしました。僕の中に蓄積された経験と知識が、そう感じさせてくれたのだと思います。

8

text|yoshikatsu

 なぜカフェなのかというと、その時に自分が蓄えていた能力や経験というものが活かせると思ったからです。天職は誰にでも用意されているのかもしれないけど、なかなか見つかるものじゃない。たとえば僕は洋服も好きですけれど、服屋さんをはじめようと思ってもゼロから全部作るのは難しい。本を書こうと思ってもすぐに書けるものじゃない。悲しいかな、その時の僕には本を書いたり、洋服屋さんを始める条件が整っていなかったのです。でもカフェなら「できるな」という実感がありました。