2011 箱根駅伝見所    |  kitekite

kanako

 
2011
箱根駅伝見所
 

 

photo|kitekite

 
 
 
 
 
 

恒例になっている、箱根駅伝大好き!な友達から
送られてく見所メール。
楽しみにしている人が増えて来たので、
BCCKでアップ。
って、遅くなってすみません。。。

でも、観ながらでも、観終わってからでも、
興味深くおもしろいので、ぜひ!

 
2011
箱根駅伝見所
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
今年は、かなりどの大学も分かりづらい、
というか予想外の区間エントリー。

特に復路で当日変更がめっちゃ出るはず。

なので区間ごとはやめて、
下馬評で3強といわれている
東洋、早稲田、駒沢の当日エントリーを
予想しながら書いていきまーす。


kanako

 
2011
箱根駅伝見所
 

2

東洋大学

 

注目は2,3区にエントリーの設楽兄弟。
大注目のルーキー。

特に2区啓太のほうは、
10月の全日本1区で強豪を抑えて区間賞。
私の予想はスピード区間の3区だったので、
まさか2区にエントリーとは思わなかったけど、
彼の走りが往路の勢いを決める気がする。

彼ら1年生はまだ実戦で20キロを走ったことが無いし、それがいきなりアップダウンが激しく
距離が23キロと長い2区・・・

7区エントリーの大津が去年2区を走ってそこそこの結果だっただけに、
酒井監督は、そうとう設楽啓を信頼&今後に期待をしているんだろうなぁ。

東洋は、2~5区は主力なので変更がないはず。
復路も7~9区に経験者を入れているので、
当日変更の可能性があるのは、1、6、10区。

10区は2年連続で優勝のゴールテープを切っている
高見でほぼ間違いなし。

6区はおそらく市川。
去年も6区で好走してるし、今年は調子がいいみたい。出雲ではアンカーを走ってました。

1区は現状エントリーの富永、当日変更で経験者の宇野、どちらも実力者なので、どうなるだろう・・・
調子がいいのは富永。
宇野は怪我の影響で秋の2つの駅伝を走っていないので、もしかしたら変更が無いかも。
他大のエントリーを見て、
安定性の富永か、スピード型の宇野か、
監督は迷っているのかも。

 
2011
箱根駅伝見所
 

4

全体的なプランとしては、
一昨年、昨年までと同様、
往路にスピードがある選手をもってきておいて、
最後トドメの柏原で、
他校に対して可能な限り貯金を作り、
その貯金を復路に安定して走れる選手を置くことで守る!という戦略です。

選手層が厚い東洋らしい戦い方になると思います。

あと、2年連続5区区間新の柏原は、
秋まで絶不調。
出雲は欠場、
全日本も区間賞を取れませんでした。
秋の記録会でセカンドベストを出したものの、
下馬評は不調というふうに言われていました。

けど去年もそんなこといわれていたし、
12月の合同取材では好調をアピール。
なんだかんだ箱根には合わせてくるはず。
気象条件がよければ、
まさかの1時間16分台に突入かも!

5

 
2011
箱根駅伝見所
 

 
2011
箱根駅伝見所
 

替わりに一番のキーとなる5区にエントリーされたのが4年の猪股。
彼は今年の全日本大学駅伝が
4年生にして駅伝デビュー。
いわいる早稲田伝統の、
一般入学たたき上げ組というやつです。
毎年このたたき上げ組から必ず1人は走ります。
入学当時はほんとに走れない選手だったけど、
4年生で箱根を走ることを目標に
こつこつ練習してきた選手。
彼で確実に1時間20分台で走り、
往路で東洋に先着、
もしくはタイム差を少なく終わることが、
渡辺監督の目論見かと。

今年も早稲田のエントリーが一番驚いた!!!!!!!

今年こそ5区山登りエントリー間違いなし!
と言われていた佐々木がなんと7区。
すでに特定の区間にエントリーされている人が、
当日他の区間に回ることはできません。
調べてみたら、佐々木は坐骨神経痛で、
5区のタフなコースは無理になってしまい、
一番距離が短い7区に回ったとの事。
もしかしたら補欠に入っている三田が
当日エントリーされるかも。
去年も佐々木は5区候補筆頭だったのに怪我で走れず、今年も怪我。
ちょっと箱根とは縁がないねぇ・・・

7

そのために、早稲田の往路は主力がたくさん。
スピード勝負ができるランナーを揃えています。

1区大迫は今年一番の注目ルーキー。
駅伝の有名校佐久長聖出身。
将来は日本代表も夢じゃないといわれるエリートランナー。
83回大会1区で東海大:佐藤悠基が他校が自重してペースが上がらない中をハイスピードで飛び出し、
2位との差を4分つけて独走・・・
というという大逃げレースがあったけど(※今も1区区間記録は佐藤が持ってます、これはすごかった)、それを大迫が再現。

さらに2区平賀、3区矢澤という
現状の早稲田のトップ5に入るメンバーが
実力どおりに走れば、
5区終了時点で東洋より前にいる可能性は大!

復路は7区〜10区のどこかに
箱根経験者で補欠に回っている、
八木、三田、中島が入るかんじかな。

八木は昨年私が一番のサプライズエントリーといったの覚えてる?
佐々木の怪我で急遽5区山登りにエントリーして、
果敢に柏原に挑んで結局私の不安どおり
撃沈したランナー。
高校のときは誰もが認めるナンバーワンランナーだったのに、
精神的に弱いのか、練習では強いのに、
試合で全く結果が残せていなかったんだけど、
今年に入って、関東インカレや出雲で結果を残し、
初めて充実したシーズンを送ってます。
彼が9区を走るのでは?とにらんでおります!
今回こそいい結果を!

 
2011
箱根駅伝見所
 

8