はじめての アフリカ  |  matatavi

はじめての

アフリカ

photo|matatavi

photo|matatavi

text|matatavi

エチオピアっていうところ

初めてアフリカに行くとき、
行き先をエチオピアにしたのにはそれなりにわけがあった


 まず、英語圏がよかった。そうすると東に絞られる。

 そして文化、エチオピアなら、東西南北でまったく
 文化が異なると聞いた。

 短期間の旅でたくさんのことに
 触れ合うことができるらしかった。


そういうわけで、エチオピアに行くことにした。

 

1

海外に行っていつも期待するのは
東京の人間の発想だろうか、星を期待する。

ところがアフリカは星が少ない。砂埃で見えないようだ。

2

photo|matatavi

text|matatavi

text|matatavi

photo|matatavi

とにかくどこもほこりっぽい

日本では単に不潔だと思っていた
編みこんだ髪は砂埃でべたつかなかった。

3

photo|matatavi

text|matatavi

市場の女性たちが傘をさしていたのも
カルチャーショックだった

日光はほんとうに厳しかった。

4

photo|matatavi

text|matatavi

時々やけにめかした子供に会った

5

6

でなければ裸だったりして。

パンツは履いてないのに
ネックレスはしている。

text|matatavi

photo|matatavi

text|matatavi

photo|matatavi

7

世界遺産の村の子供の
伝統的な泥の文様はガイドブックよりずいぶん雑だった

村の青年は
次の日、隣の村でGパンをはいていた。

8

text|matatavi

子連れのお母さんは
なんでだろう観音様みたいに見えた。

photo|matatavi