nemu book  |  koiemi

nemu
book

 
 
 

nemu
book

*
*
*
*
*
*
*
*
nemu notebook

since 2010.11.7

 
 
 
 
 

001

 
 
 
 

002

 
 
 
はじめまして。

この本では、
日々暮らす中で
nemuが作った「もの」たちを、
ささやかな散文とともに
載せていけたらいいなぁと
思っています。

もしよかったら、ふわりと
覗いてみてくださると嬉しいです。。*

 
 

 
               nemu
                *makino takako
                *koike emiko

nemu
book

 
 
 
 

 
 
nemuのふたりでショップカードを
作らせていただきました。
横浜市にあるCafe doudouさん。
ゆったりのんびりした時間をすごせるお店です。


koiemiの「ゆきどけ展」の中から
旅をする女の子とひつじを切り抜きました。

川を渡り、キラキラ輝く丘を目指して。
甘い苺みるくのかかった雪の下からは
もうあたたかな季節が近いのでしょうか。
小さな花や緑の生命が芽吹きはじめています。
ここから広がる世界は
本当はもっともっと
たくさんの動物や植物に出会う物語が
隠されているのです。


美味しいコーヒーと
心あたたまるお料理
甘いケーキと共に
想像を膨らませてみてください。

nemu
book

003

text|makino

shop card * * * Cafe doudou

 
 
 
 
 
 

くまのモビール

text|koiemi

004

 
 
ゆらゆら

くるくる

ふわふわ

風になびいて優しく揺れる
くまのモビール。


なかなか眠れないとき

怖い夢を見て、目が覚めたとき

朝起きて、まだぼーっとしている
夢と現実の間のまどろみのとき


ふと、その姿を目にすると
なんだかすこし
優しい気持ちになれるような

そんな願いを込めて作りました。

nemu
book

 
 
 

 
 
先月いっぱいkoiemiの展覧会
「ゆきどけ展」がおこなわれていました。
そこでnemuグッズを販売させていただきました。

ゆきどけの世界に溶け込むように
何か氷の結晶のような
キラキラとしたものがいいなと思い
凍ったチョウチョのブローチが出来上がりました。
光の粒のようなビーズやスパンコールを
一針一針縫い付けています。

このチョウチョに出会った方が
少しでも嬉しい気持ちになったり
どこに付けようかと考えてくれたり
悲しかった心に小さな光がさしたり
そんなことを想像しながら
大切に作りました。

今頃、どなたかの元へ…
と思うと不思議です。
じんわりとあたたかな気持ちです。

 
 

text|makino

nemu
book

凍ったチョウチョ

005

 

 
 
 
 
 

nemu
book

006

髪どめ

text|makino

 
 
シャラシャラ

音が鳴りそうな髪どめです。 
鈴みたいな丸いモチーフや
リングの形がつらなってます。

長い髪に結んで
軽やかに踊ったり
風を受けると
いっしょに揺れます。


シャラシャラ

甘くスパイシーな風が薫る南国の
海辺からささやくように響く音
そんなイメージです。



 

nemu
book

text|koiemi

 
 
 
 
 

いぬのかばん

 
 
かばんには

大きな犬
小さな犬

リボンをつけた犬
バンダナをまいた犬

王冠をかぶった犬から
犬かどうかもあやしい犬まで

たくさんの犬が描かれています。
 
 
散歩のときはもちろん
お弁当や
図書館で借りた本などを入れて
一緒に出掛けると

きっと、少しだけ幸せな気持ちになれる
いぬのかばん。

007

手首のアクセサリー

nemu
book

i

text|makino

 
 
 
 
 

008

 
 
女の人の手が好きです。

本をめくったり
お皿を洗ったり
布をたたんだり
お茶を飲んだり
縫い物をしたり
ペンを動かしたり
髪の毛を結はったり
一粒のチョコレートを食べたり。


細い細いしなやかな糸で編んだ
繊細なアクセサリー。
動くたびにコロンと揺れます。

思わず目で追ってしまい
その手の動きの美しさに
はっ、とするのです。