tips  |  FujiiTakashi

201133

社会人になると、足元を見られるらしいと、
ビジネスマナーの本に書いてあった。
足元を見られるっていうのは、
相手につけこむって意味じゃなくて、靴を見られるらしい。
靴を見て、その人がどんな人なのか判断するそうだ。

靴は、その人の知覚していない部分が現れると、
僕は認知している。
歩き方というのは、自分ではなかなか気付かない、
ある種の癖だ。
僕の場合は、右足はかかとの左側が、
左足はかかとの右側が擦れて底に穴が開く。
今日は雨が降ってしまったので
、そこから染み込んだ雨水が、靴下を濡らした。

そこで今日は、僕は靴を買った。競馬で勝ったお金で。
真っ白というよりは乳白色のキャンパス地のスニーカー、
靴紐の巻き方が可愛かったから買ってしまった。

text|FujiiTakashi

photo|FujiiTakashi

1

201133

さっき、晩ご飯を食べに行ったとき、
その靴のデビュー戦が始まった。
それは僕の歩き方との戦いである。
しかし、僕もセコンドとしてなるべくかかとを
すり減らさないようにどうにかして歩くのである。
ちょっといつもよりもかかとへの踏ん張りを優しくするとか、着地をもう少し全体に体重をかけるとか。

初めて何かを買ったりすると、
こんな風に不思議と大事にしよう、大事にしようと思うのだ。
しかし、少しでも汚れたら、
「ま、いっか」と汚れを気にしなくなったり

かかとが削れてきたら、
「しょうがないか」といつも通りに粗雑に扱ったりしてしまう。

僕は、そんな風になってはいないだろうか

2

photo|FujiiTakashi

text|FujiiTakashi

201133

多分、白いキャンパスが泥で汚れていき、
その泥に対してどう対処するかって話だとも思う。
泥で汚れたら、ちゃんとはたいてあげる、
底が削れてきたら補修剤を塗ってあげる。


初めて買った「何か」を大切にする気持ちとか
大学生になって、新生活に胸躍る気持ちとか
社会人になり、どう活躍してやろうかと思う気持ちとか
それを忘れずに、これからも生きられればと思っている。
初めの気持ちを、どう感じたかということを。


大学生になる前、単位は優をたくさん取るために
授業にはちゃんと出ようとか
洗濯・掃除・自炊は毎日のようにしたいなとか
昔思ってたことを簡単に忘れるようになっているかも

text|FujiiTakashi

photo|FujiiTakashi

3

text|FujiiTakashi

photo|FujiiTakashi

4

初心は忘れる物じゃなくて、多分、
思い出すものなんだなーと言われたとき、ハッとした。

絶対誰でも初心は忘れるものなんだと。
初心を忘れないと次に進めないステージが来ると思う。
ステージをステップアップしたときに、初心を思い出す。
そうすればええんじゃないかな。


甘いなぁとか思われるかも知れないけど
正直、何が甘くて何が苦いのかも分からないです。
分かってたら本書いて出版します。
尊敬する大前研一みたく結構適当なこと書いて儲けます。
これから頑張っていきます。行きますよー。

201133

201133

5

photo|FujiiTakashi

text|FujiiTakashi

201133

6

photo|FujiiTakashi

text|FujiiTakashi

2011228

7

text|FujiiTakashi

photo|FujiiTakashi

2011228

8

photo|FujiiTakashi

text|FujiiTakashi