中原中也 寫眞詩集  |  INNERPLANET

中原中也
寫眞詩集

photographic by caramel mou

2

CONTENTS                  

 

   01 少女と雨
   02 渓流
   03 妹よ
 

 

    少女と雨

少女がいま校庭の隅に佇(たたずん)んだのは
其処(そこ)は花畑があって菖蒲(しょうぶ)の花が咲いてるからです

少女と雨

少女と雨

菖蒲の花は雨に打たれて
音楽室から来るオルガンの 音を聞いてはいませんでした

しとしとと雨はあとからあとから降って
花も葉も畑の土ももう諦めきっています

少女と雨

その有様をジッと見てると
なんとも不思議な気がして来ます

少女と雨

山も校舎も空の下(もと)に
やがてしずかな回転をはじめ

少女と雨

少女と雨

花畑を除く一切のものは
みんなとっくに終ってしまった 夢のような気がしてきます