I make the boy run.  |  AKI.CHANG

010

3.1Mon21:46

 記念すべき日記の1ページ目からして昨日のことを書くつもりです。昨日は浅草にいきました。浅草寺を「あさくさでら。」と読んでしまうヒトと電車で。吾妻橋を渡って墨田区につくと、ぼくはこれ以上”東京っぽい”風景を見たことがないと感じた。川の色はどう転んでも、ボクにその深さを教えるつもりはないらしいです。
 「不思議だよね。」とボクに言い放つそのヒトは、ボクが一緒にいて一番不思議な気持ちにさせてくれます。ボクが笑えばそのヒトは笑います。ボクが考え事していてもそのヒトは笑います。ギャグのひとつでもとばそうもんなら、笑ってくれるときだってあります。
 東京にいて3年も経ちました。なのに変わったのはコトバ遣いだけで、勇気をだすボクを尻目に、そのヒトは笑ってくれるだけなんです。だけどそれがすべてなんです。

今日はなんて、ごってんばってんな一日だった。こんなに、コンタクトツールを使いこなした日などいままでなかった。なんせこの先将来がかかってきてた。なんか結局、自分を動かせるのは自分だけだと強く感じた。でもやはりまわりの助けあってこそ、そんな当たり前を特別に感じさせられた一日だった。それでも、いつもたすけてくれるヒロキには特に感謝している。ありがとう。
 ところで先日、新宿でスターバックスでサクラスムージー?的な無料配布キャンペーンがあったので、映画館がてらいってきた。拝見者のなかにも楽しんだヒトも多いのでは。感想としては、あったかい牛乳に桜の花びらがういているな。と感じた程度であった。こんなこと言うとスタバファンのみんなにボロクソにディスられそうであるが、ナニを隠そうボクは高校生のとき、彼女をつれてくなら駅ビルのスタバというぐらいのスタバファンなのだ。でもコーヒー飲んだら気持ちわるくなる体質から、オーダーはもっぱらキャラメルマキアート。しぶい。

009

3.2Tue20:50

008

3.5Fri21:09

 今日は1年ぶりに五反田に降りたった。五反田ときけば、ぼくの大好きな一志さんなんかは、よく夜のお遊びにふけっていた場所ですが、べつにそんな時間帯の用事ではない。
 夜のお遊びという話題になってしまったので、すっこしだけ、ボクの赤裸々な経験でも勝手に披露してあげようとおもう。ボクはちょうど一年ぐらい前に、その、なんつーか、まぁ、よるのお遊びを体験させてもらった。ここで書くのもなんだが、あの手のお仕事をされている女性のヒトはなにか、目がスモークがかって見えるというか、ボクの知らない目をしているヒトが多く感じられる。恥ずかしながらボクの目の当たりにしたお方も、どこか色眼鏡なキレイなヒトだった。
 もし、人間の背中にアンプのようなメモリが付いていて、ちょうど数値として、調整できるのであれば、こんな表情に出会わなかったのかもしれない。
 ボクがその日に帰って、映った鏡の人物は、すっかり目に見慣れたスモークをかけてしまっていた。

ボクが聞きたいのは批評なんかじゃない。誰も求めてなんかいない。だってそうでしょ。なんで必要とされていないものが批評なのか考えてみてほしい。それじゃタダの手放し運転なのに。
 ボクが聞きたいのは、評論です。求めては現れる、評論です。
 というのがボクの現段階の精一杯の批評です。

 三日月と満月がまだ違うものだと思っていた当時、それは形がちがうからなのか。そうじゃなくて、形は違うのに、その光の量が同じだったから。見える大きさは違うのに、三日月はその前の姿の満月と同じ価値を抱えていた。でも、その価値は、そいつらから生み出されたものではないって気付いたのは、ちょうど初めて女の子にキスしたその5年前の散歩道だったのを、そこから15年経ったいま、思い出したよ。
 ボクが見たいのは満月じゃない。
 ボクが見たいのは三日月じゃない。
 

3.29Mon21:25

006

005

4.8Thu13:59

 なんたったって特技は散歩。朝起きたら2時間は歩く。後ろ向き歩き健康法や、オカリナ吹いてるヒト。ウィーンにいってきたと豪語するおばぁちゃん。色んなヒトが文字通り色んな話を聞かせてくれる。
 最近は、なにがかっこいいか!そんなことを考えていた。迷いがない人。ブレないヒト。もちろんかっこいいですね。でも、ボクが一番かっこいいと思うヒトは、やっぱ「いちばんかっこいいヒト。」そして、いちばんかっこいいヒトとは、生きることをやめないヒト。それだけです。
 目に映るものも大事だし、耳に聞こえるものも大事。口で伝えることも大事だけど、一番大事なのは、地味でも派手でも「違いはない。」ということ。
 ボクを含めて、今の時代にはそんなひとが少ないんでしょうね。
 はいはいかっこいい。かっこいい。

4.12Mon15:42

 

  「人生ホームスチール。」


 
 チャラい。適当。不思議。とはよく言われますが。


 ボクに言わせれば


     「違いはない。」

            そんなとこです。

003