FOCUS 3  |  mako

 一周年まで持ちそうにないんでFOCUS 4に引越しします。
 引き続きヨロシクです。

text | mako

移動です

photo | mako

353

2009731

photo | mako

text | mako

りんごの足音

ドラマな雲が一面。

352

2009731

 昨日。そりゃまあ、爽快な目覚め。コストをかけておるからねえ。
 5時半、定刻に起動して、日記更新等々ルーチンワーク。B sideへ。えーーー、mamitanが朝帰り。なんか意気消沈。まあ、良きところへコンシェルジェされたんでしょうが。
 定刻に出勤。思い切って乗車位置を右に移動。もちりんごの位置へ。読書はもちブコウスキー。「15センチ」。魔女と結婚して脂ではちきれんばかりの醜い肉体の男が15センチまで収縮させられる。ここでも彼の美醜へのこだわりがあるねえ。小人になった男が夜な夜な魔女を楽しませる為に踊る。「ときたま頭のてっぺんがクリトリスにぶつかると、サラは絶頂のうめき声をあげた」まったくねえ。
 なんか落ち着かない位置取り。ぼちぼち来るかと身構えていると、ヒールの音を高らかにりんごがあたしの後ろに駆け込む。うーん、拒否はしておらんな、と背中の思考。

   -----( ドア )------
            (あたし)
                   (りんご)


 つり革のある静かな安全な場所にりんご。薄いアッシュピンクの長いブラウス。適度なウエストの絞り。白いバーミューダショーツ。ヒールの高い素敵なデザインのパンプス。この高いヒールのパンプスで駆けつけてくれたか、りんご。
 阿部野橋で吐き出されても2人の距離は近い。程よく脂の乗った背中がかわゆい。
 空っぽの町もなんのその、ルンルンでお仕事。猫ちゃんもお元気そうで何より。→
 会議もとんだハプニングがありましたが一応無事に退勤。諸先輩方と飲んだりして9時半帰宅。
 日記執筆の為メインパソ起動。疲れたらbccks。久しぶりにsatsukiちゃん更新。ちったあ、architクンを見な習ってな

2009731

351

text | mako

photo | mako

2009731

photo | mako

text | mako

お行儀よく、雲が並ぶ。

350

らわないとねえ。どんな雑誌の仕事をしたか見てみたいもんだ。
 そうそう、昨日、本屋で「コマーシャルフォト」を立読みしたらオモロいインタヴューがあったな。高価なデジバッグを使うプロが、「これを使うとクライアントが『こんな高価なカメラを使えるのはオファーが多いからだろう』と思ってもらえるから」などと本気か冗談かは知りませんが語っておられましたな。東大阪市の零細企業のオーナーたちが独創と技術で生き残らんと苦闘している姿からみれば、オモロい業界としか言いようがないか。
 そんなことはどうでも良いですけど、次ページにあたしのクルマド。結構好きなのよね。車っていろいろミラーがあるから面白い。
 眠いんで寝る。

text | mako

photo | mako

あたしのクルマド。2001。運転手はナオ。
懐かしいリングだな。

349

2009731

 昨日。ちゃんと5時半一発起動。されど腰がダルイ。鉛の一枚板のように重い。起き上がろうとして足が痙攣。最悪。
 そろりそろりと歩行してメインパソ起動。れーこさん、すでにお隠れ。そろりそろりと歩行を続け冷蔵庫。「おーいお茶」、旨し。
 日記更新してbccks。「escape!!!」kashimaちゃん、表紙が良いんじゃなかろうか。カメラ女子たち頑張れ。オジンはお腰を柔軟体操。
 定刻に出勤。まあ降らんだろうけど随分昔に頂いたミニ傘をバックに放り込む。ほんとはっきりしない空だねえ。鳩婆さんがまたもエサをばら撒くんで駅前鳩どもが大移動。→
 ホームで「町で一番の美女」。今度は「テキサスの売春宿」。容貌に関する記述が多いのはブコワスキーのコンプレックスか?
 「醜くて悲しそうなのよ。わたしはそんな悲しみのかたまりをひとりでいかせたくなかった。なんかつら

text | mako

photo | mako

348

2009730

347

photo | mako

text | mako

かったのよ。それで泣いたの。どうしてあなたの顔、あんなに悲しそうだったの?」
 ひどい女だねえ。
 おっと読書に夢中になっていたらりんごがお隣の乗車位置の先頭に立ってるじゃないの・・・美しい。
 ベージュのサブリナ、濃茶のフェミニンなブラウス。高いヒールの白のパンプス。めがね。長く伸びた髪。
 これですよねえ。りんごスタンダード。雰囲気も柔らかく落ち着いたしねえ。「エアギア」のりんごとリンクしてるのかなあ。あっちはイッキとリンクできてルンルンだからねえ(笑)
 視線が合うもあたしが照れちゃって外しちゃったぜ。ぼちぼちあっちに行かんとねえ。
 ルンルンで町を行く。お腰は相変わらず調子戻らずですけどねえ。
 花に日差し。あたしの心にも日差し。→

2009730

text | mako

photo | mako

2009730

 所要があったんでお仕事は午前中まで。近所の駅前王将はやめて鄙びた一膳飯屋でカツ丼、豚汁。
 この時間帯によくやってるぬるいサスペンスドラマが面白い。暑さでへなへなな午後→
 所要を済ませて3時半帰宅。最近近所にできたリラクゼーションルームへ。80分全身コース。結構兄ちゃん上手い。20分眼精疲労回復コース追加。100分8500円はお安い。
 少々腰も首も軽くなって帰宅。少し横になりたかったんでお子ちゃま部屋で1時間ほど午睡。
 玄関を見ると宅急便が2個。アラーキー「物語ソウル」「俺、南進して」。いずれもヤフオク戦利品。
 「物語ソウル」は右から読めば中上健次の小説。左から読めばアラーキーて構成。1984年のソウルって良いんだよねえ。中上健次が最近気になってるんでなおよろしい。
 後者は町田康とのコラボ。期せずしてコラボ作品のダブルヤフオク。

346