STUDIOVOICE 402 Digest bcck  |  STUDIOVOICE

COVER : ARTWORK BY Yukimasa Okumura

 

014

 

013

Photography by Junko Morisaki

012

 
 

011

 
 
 
いくら精密に複製を作っても、オリジナルが漂わせる風格にはかてない。そして時代を感じさせるてざわりもまたアジという名の進化であると僕らは知っている。流行りのファスト・ファッションなら今の気分を着こなすことができるかもしれないが、服そのものが持つ魅力に触れることができるのだろうか?

 
ヴィンテージという
オリジナリティを探して

Photography by Junko Morisaki

オリジナリティを、つまり「ヴィンテージ」だと考える。それはいわゆる希少で高額なものばかりとは限らない。アナログからデジタルへの奔流によって、利便性と引き換えに失ったものを再考することであり、環境への配慮が問われる時代であるから、身の回りに埋もれたものに再び光をあてることでもある。

Photography by Junko Morisaki

010

 

009

 

単なる回顧主義やアナログ主義でもなければ、温故知新といった趣でもない。
今だからこそ語るべきモノ、今だから価値を生むモノがあるはずだ。

Photography by Junko Morisaki

008

 

この特集はベーシックな、言葉本来の意味でのヴィンテージを探す旅であると同時に、様々な視点で解釈を与え、眠れるヴィンテージを再発見するものである。

Photography by Junko Morisaki

ヴィンテージは時代そのものであるから、それを手に取る者に「新しい」価値を伝えてくれる。リサイクルよりクールに、自己流のエコロジーを磨くためのヴィンテージ・マインドを手に入れよ!

Photography by Junko Morisaki

007