RELIEF  |  Culdcept

全体のボリュームを紹介するために、再び斜め下から撮影しました。正面からの写真ではこの胸の厚みはわかりません。厚くしすぎると他と調和がとれないので、ここも思案のしどころです。

photo & text | Naoyuki Katoh

RELIEF

photo | Naoyuki Katoh

RELIEF

text | Naoyuki Katoh

そのためにはいったん粘土を板から剥がす必要があります。しかしゴム製の強力両面テープは想像以上に粘着力があり、剥がすのが大変でした。

最初は片面だけの予定でしたが、反対側の面を作ることも可能だという話になり、せっかくなので、カードの裏側の面もレリーフで作ることになりました。

photo | Naoyuki Katoh

RELIEF

photo | Naoyuki Katoh

photo | Naoyuki Katoh

大会の2週間前。レリーフ作品を収める箱を前もって用意してもらうため、定規を当てた画像を大会主催者にメールします。

ほぼ完成したところです。商品として奇麗に仕上げるよりは、一点物として「手作り感」を表現したかったので、細部の作業は手の指や爪など、自分の体の一部のみを使って行いました。

text | Naoyuki Katoh

photo | Naoyuki Katoh

RELIEF

RELIEF

photo & text | Naoyuki Katoh

完成後も細部の仕上げや修正を施します。原型はシリコンで型取りし、レジンで複製を複数個作り、何色か実際に塗装してから最終的な色を決めることになります。

原型の完成です

RELIEF

photo & text | Naoyuki Katoh

こちらが反対側の面。粘土の表面にはコンパスが使えません。円を正確に描くためにスプレー缶の蓋を粘土に押し当てて丸い線を描きました。

原型はここで僕の手を離れます。原型には表面に隙間や微細な穴が無数に空いているので、表面にスプレーで皮膜を作る加工をします。つまり粘土の素材を見ることが出来るのはこれが最後。

photo & text | Naoyuki Katoh

RELIEF

数十年前、自分でシリコンでの型取りや複製に挑戦しようと道具一式を揃えたことがあります。しかし一度も試すこと無く終りました。
今回は、粘土の用意から作業にあたっての助言、型取り、複製、塗装には造形作家の朝比奈祥和さんの全面的なご協力をいただきました。朝比奈さんは、スタジオぬえの『パワードスーツ』のプラモデルのディレクターでもあります。型取りも最初は朝比奈さんにやっていただくことになっていましたが、最終的には朝比奈さんのご友人、千葉延雄さんが引き受けてくれることになりました。

この型の中に多くのノウハウが詰め込まれているわけですね。

これがシリコンでつくられた型です。

RELIEF

photo | Yoshikazu Asahina, text | Naoyuki Katoh