photo is eternal  |  NONITA

フォトイメージングエキスポPIE2009
レベルアップセミナー3月28日(土)
<セミナールームB>10:30~11:30

写真アルバムから新しいフォトブックの世界へ
手触りのある写真プリントを残すという事について

写真家 ノニータ
http://www.c-channel.com/c00337/
1962年奈良県生まれ。
代官山スタジオ勤務中1989年に第一回期待される若手写真家20人展に選ばれ出品。
1990年にフリーのプロカメラマンに。
1991年「第一回キャノン写真新世紀」で荒木経惟優秀賞を受賞。
以降、広告、雑誌などを中心に活躍する。
写真集は優香「ひるねのほんね」矢部美穂「ハッスルテング」小川直也「轍(わだち)」など多数。

ノニータwebsite
http://www.c-channel.com/c00337/
ノニータノート
http://nonitanoni.exblog.jp/

59

JAC CA 蓮子真弓さん 松山 秋山兄弟記念館にて

おはようございます。

photo | NONITA

NATURA

写真アルバムから新しいフォトブックの世界へ

家族のアルバム、子供の成長記録、結婚式のアルバム、旅の写真、恋人のフォトグラフ、風景写真、動物写真、愛するペットの写真、ブログ用のランチの写真バイク、車、電車のBook、アイドル撮影のBook,,,,,,,,,,
パーソナルなBOOKから開かれたパブリックな思いのあるフォトブックへの扉を開く為に。

撮って、人に見せてなにかしらのカタチで遺して行くという事。

新しいフォトブックというタイトルは、
そんな、今までの写真に対する思いを、
さらに、これから新しい気持ちで、
写真を遺して行くという行為を、
想像力(イマジナシオン)を働かせて、意識して、考えて行こうという事です。

text | NONITA

はじめに

58

IT世界が急速に進化して行く中ブログという媒体で、誰もが自分の世界観をいとも簡単に発信できる
世の中になりました。そうして今まで家の中でしか役割を果たせなかった個人の写真アルバムが、
全世界にネットで伝わって行くという驚異的なインタラクティブメディア環境が構築されています。
反面、高齢化が進もうとしている日本では、操作難易度の高い携帯電話機よりも簡単携帯という機種が
販売を伸ばしている事も事実です。PCやネットのことがチンプンカンプンという世代も存在します。
いくらIT社会だ!と叫んでも我々は生身の人間に変わりはありません。そんな時代にもう一度しっかりと
考えなければならない事は、手触りの感覚です。

手触りのある写真プリントを残す

57

NATURA

text | NONITA

それはメールではなくて手紙やはがきの事かも知れません。電車や自動車ではなくて徒歩か自転車の事でもあります。そして写真ではデジタル画像とフイルム印画紙プリントの事です。このまま何も考えないで便利だからといって写真データを電脳図書館に保管し続けたらどうなってしまうのでしょうか?そんな未来に否定的でも肯定的でもなく、つまりは写真をピンナップしたり、定期入れにいれたり、アルバムのページを手で捲る事の出来る「写真の手触り」を残す事について、みなさんと一緒に考えて行こうというのが、今回の意図する所であります。

text | NONITA

写真は永久(とこしえ)

NATURA

56

1)なぜ写真を撮るのかを自分なりに考えて意識してみる。

2)人物や自然、物とのコミニュニケーション。写真を続ける事について。

3)写真をプリントする事の大切さについて。

4)写真作品の整理、残し方について。

photo | youkun

text | NONITA

セミナーの流れ

小学生の耀くんが撮影してくれた写真です。

55

text | NONITA

自分なりに考えて意識してみる。

54

1) なぜ写真を撮るのか???

53

canonイオスkiss×リコーカプリオ5

いきなり、大きなテーマから始まりました。魂の友達で写真家のMSパークさんのナチュラブログにインスパイアされたのもあって、わたくしノニータもここから始める事にしました。写真は撮影してからでないと残すとか整理するとかは語れないと思います。
みなさんはなぜ写真を撮るのですか?
あたくしノニータはプロ写真家なので写真とお金を交換して生きています。写真を始めたきっかけは、20歳の頃、まわりの友人達をハーフサイズオリンパスペンでパチパチ撮ってました。面白かったし、なによりもサービスサイズの写真を見て訳の解らないままに、盛り上がったりしていました。
この、少年のようにただただ無邪気に写真を写す事を遊んでいました。この初心を忘れずにこれからも写真を撮る行為を楽しんでいきたいと思っています。
皆さんは写真で遊んでいますか?写真は楽しいですか?写真を見て喜びに満ちあふれていますか?

写真を楽しんでますか?

photo | NONITA

52

真剣な眼差し。