FACE!  |  mako

photo | mako

text | mako

0

 神戸ポートアイランド博覧会(こうべ - はくらんかい)は、神戸港に造られた人工島ポートアイランドにおいて1981年3月20日から9月15日まで開催された博覧会で「ポートピア(PORTOPIA)'81」の愛称でも親しまれた。「水」の字をモチーフに描かれたロゴマークはデザインを公募して選んだもの。期間中1,610万人の入場者があり、純益60億円を記録した。会場面積は約72ha。
 この博覧会の成功は、1980年代後半の「地方博ブーム」の火付け役となり、神戸市は都市経営のモデルとして「株式会社神戸市」と称されるきっかけとなる。
跡地はほぼ神戸コンベンションコンプレックスおよび住宅地として利用されている。
 海のすぐ前に建てられて、世界最大であった観覧車がある神戸ポートピアランドは、この博覧会当時からの遊戯施設域であった。
 また、会場では中国から借り受けたジャイアントパンダ2頭が公開されて人気を集めた。神戸市出展のパビリオン「神戸館」及び太陽神戸銀行(現・三井住友銀行)出展の「神戸プラネタリウムシアター」が神戸市立青少年科学館として、印象的なコーヒカップの形であった「UCCコーヒー館」もUCCコーヒー博物館として改装され、現在もポートライナー南公園駅前に建っている。それらは、神戸コンベンションコンプレックスとともに、当時を偲ばせる数少ない施設であり、後世の都市開発に影響を与えた施設は少なくない。

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夏休み直前には国鉄(当時)が当博覧会PRのテレビCMを放映、寅さんシリーズのタコ社長役でお馴染みの太宰久雄が出演し、太宰扮する理髪師と利用客の小学生の少年とのやりとり(太宰「今年の夏休み、どこ行くの?」少年「ポのつくところ!」太宰「えっ、ポーランド!?」)が人気を集めた。

photo | mako

 正統派美人。キャー、て感じ

text | mako

photo | mako

text | mako

photo | mako

 コトバ失くすな。大人な顔。

text | mako

photo | mako

お昼ね。夏は暑いんだよ、神戸も。パパ、ご苦労様。あたしはまだ独身。彼女なし。

-2

 言うこと無いよな。お好み。

photo | mako

 貴女はアイドルですか?

text | mako

photo | mako

text | mako

text | mako

 いろっぺい。

 若いっすね。

text | mako

photo | mako

photo | mako

photo | mako

 パンダも恥らうお年頃。

text | mako

text | mako

photo | mako

 オヨメサンにどうっすか?

 そんなに見つめられると、発情します。

 健康一番。

text | mako

photo | mako

text | mako

photo | mako

text | mako

-7

 makoです。天才です。それは置いといて、凄いよねえ。顔の博覧会。やっぱ博覧会の顔は美人なのである。美人は祭りを盛り上げるのである。あたしも盛り上がったのである(笑)誰がなんと言おうと(笑)うのであります。

 しかし凄い迫力だな。て言うか、自信ね。お顔に出現してるのはアイドルチックな虚栄心じゃないよな。この祭りを支えてるていうプライドだよ。

 だけどあたしも、あたしの天才がきちんと受け止めてますな。だから顔写真はカタログじゃないんだよ。女の全部であって時代の全部なんだよ。


 しかし、神戸市も手抜きしなかったねえ。コンパニオンの面接。面接官さん、あんたは偉い(笑)

顔の博覧会 1981年6月11日

photo | mako