いとしのユーカ  |  kazu.t

 

ショーペンハウエル『女について』(石井正 石井立訳)

同様のことを、バイロンは、より感傷的に、戯曲『サルダナペアル』第一幕第二場で述べている。
       
「、、、、、、、おまえの稚ない片言は女の口から教えられ、、、、、、、」