瞬きするモデル  |  ItoIzumu

photo | ItoIzumu

7

photo | ItoIzumu

長く美術モデルをしているが、画を見てもその才を見抜く事など出来ない。

だが、描き手の画に向かう態度で、その胆を見抜く事は出来る。



彼等が今後も向き合っていくであろう、
生み出す者の苦悶と幸福を思うとひどく切ない。

photo | ItoIzumu

photo | ItoIzumu

photo | ItoIzumu

3

photo | ItoIzumu

2

text | ItoIzumu

紙の上を流れる鉛筆の音と、私の筋肉が軋み始めた音が、頭の中でからむ。この20分間を一瞬も零したくなく、露光時間をポーズに合わせた。

一心不乱にデッサンに向かう描き手の姿は、幻灯のように揺らぎ、微動も許されぬ私の姿は、影濃く残る。

単純な発想から生まれた撮り方に、慮外の幻想が混じり、私は写す喜びに震える。
視る者、視られる者が、変転し合い絡み合う時間。そして観察と思索を繰り返し、私たちは現と違う世界を構築していく。

モデル台より幸福を祈る。
湯気の立ちのぼるかの如く勢いよく画面に向かう彼に。喰らい付かんばかりにこちらを見つめる彼女に。

この美しき世界を取り込まんと張り詰める眼を宥めるように、私はゆっくりと瞬きをした。

瞬きするモデル
  • 著者:ItoIzumu
作 成 日:2008 年 10月 03日
発   行:ItoIzumu
BSBN 1-01-00018492
ブックフォーマット:#396

photo | ItoIzumu

 

photo | ItoIzumu