らいん  |  yumemiya

らいん

 

空は確かに青かった気がする

らいん

text | yumemiya

1

今から思うと、簡単だったなって思う。

でも、その簡単が出来なかったのは自分が弱かったから。そんなの結果論だけど。

あたしはそんな事を頭の中で考えては、授業に集中しなきゃと思い、黒板を見る。
その繰り返しだった。
でも、それも時機に飽きてくる。

今日の空は青いな。

授業なんか、気にしないで、あたしの目は窓の外へと向かってキラキラしていた。

なんで、こんなに平和なんだろうか。

日本では、平和すぎていて、あたしには物足りなかった。別に、戦争とか、貧困に陥りたい訳でもないけど。

確かあの日も青空だった。
ユウは何をしているだろうか。

あたしは、答えの分かっている質問を自分にしては、悩んでいた。本当になにをしたらいいんだろうか。

ユウと出合ったのは、小学5年生の時。
あんまり記憶にはないけど、同じクラスだった。ユウは嫌われている方だったと思う。

性格がきつい、こわい、誰?

ユウはきっと、友達は一人で十分、そんな思考だったんじゃないか。
(あたしの意見だけど・・・。)

らいん
  • 著者:yumemiya
作 成 日:2008 年 09月 20日
発   行:yumemiya
BSBN 1-01-00017753
ブックフォーマット:#321

 

らいん