休 日 の 写 真 館  |  YUKAI

 
 

休 日 の 写 真 館

休 日 の 写 真 館

 

55

僕は、2003年から『休日の写真館』というタイトルのもと、大判のプリントによる数々のポートレート作品を発表しています。
これらの作品は、シチュエーション型の写真表現でありますが、広告写真やファッション写真といった消費社会における役割としての表現ではなく、見慣れた風景を異化することによって、物事の本質を見抜こうという試みです。
また、僕は写真館を経営する父親の元に育った環境の為、入学、卒業、成人式や結婚式・・・
晴れがましい人生の門出とも言うべきイベントに記念写真は欠かせない存在であると捕らえていて、型にはまった記念写真を撮らねばならないのが、いわゆる「平日の写真館」であるならば、「休日の写真館」というコンセプトでこうした制約を離れ、モデル、撮影場所、小道具などを独自な感覚でブレンドし、それらの間に微妙なズレや落差を持ち込むことで、そこはかとなくユーモアをはらんだ日本の文化を現代的な感覚で解釈し直され、新たな表現の媒体として再生する、記念撮影のスタイルを創れればと考えています。
大きく引き延ばされた写真は、僕が撮影時に被写体と向きあったのと同じように、見にきた人と見つめ合えるかたちで展示します。
僕自身、人やモノの持つ性格、事物に大変興味を持っていて、それらのある特定な時間を一枚の写真空間に同居させるというのがこの作品の一番のねらいです。

写真家 池田晶紀

「休日の写真館」について

 

I've been exhibited a lot of portrait works of large prints with a title of "The Photo Studio of a Holiday" for these several years.

These works are the photography of situation type expressions, but this is
my challenge to see through the essence of things by dissimilating the
familiar sceneries, not with the expression in the consuming society like
the advertising photography and the fashion photography.

Because I was raised by my father who owned a photo studio, I think the
memorial pictures are essential for the happy event of our life such as the
entrance ceremony, graduation ceremony, coming-up-age ceremony, wedding and so on. In "The Photo Studio of a Weekday" we have to shoot in a conventional way, but I'd like to create a new way of memorial pictures in "Sunday Photo Studio" being apart from such kind of conventions. For that, I
re-interpret the Japanese culture has the sense of humour by blending
models, places and properties with my original and modern sense, and
bringing strange gaps there.

"Sunday Photo Studio"

 

54

 

53

The large prints are exhibited in exactly same position of shooting, so the
guest and the photographic objects can watch each other like I was opposite
to the object in the shooting. I am very interested in the characteristics
of people and things. My aim of this series is to shoot the specific moment
of these things in one photograph.

MASANORI IKEDA

 

「こんにちは、お姫様」 1270×1460mm 2003

「女心はミステリー」 1270×1460mm 2004

「魔法使いの弟子」 1270×1460mm 2005