ぐるり の おはなし  |  ren.smaragdo

日本語タイトル入ります

漣 祐貴

 

       ぐるり

おはなし

text|ren.smaragdo

1

  あの時「ごめん」って言っていれば
  今も君と続いていられたのだろうか



 もう10年以上前のことを時々考えてしまう。妻もいて子供もいて平穏この上ない暮らしをしているのに、「ごめん」と言えずに傷つけた君のことが忘れられずにいる。もうそろそろ君との思い出が消えてくれたらいいのに、そう思いはするものの、なにかの拍子にふっと君のことが脳裏に鮮やかに甦る。

   
きっかけはホントに些細なことだった
   ちょっとしたことがつみ重なって
   「ごめん」が言えなくなった
   なぜそんなに意固地だったのか
   今ではもう思い出せないけれど、でも


「ごめん」たったそれだけの言葉なのに、なんて伝えるのは難しいんだろう。
 伝えていれば、君を傷つけずにすんだのに。
 今ならきっと「ごめん」と言える。



 なのにもう、君がいない

Hard To Say I'm Sorry

text|ren.smaragdo

 その昔、中国の皇帝が封禅の儀式を行った際、泰山の麓でみかけた色白の美しい娘を連れ帰り、閨にはべらせ思いのまま愉しんだが、翌朝その娘は見るも無残な朽葉色となり干からびて死んでいた。皇帝は諦めきれず、また泰山に行った折、気に入った娘を無理矢理連れもどったが、どの娘も肌は透き通るほど白く、香気かぐわしい娘であったのが、はじめの娘同様、皇帝に花を散らされた翌日、変わり果てた姿となった。さすがに哀れに思ったのか、皇帝は娘たちを親元に返し、丁重に弔うようにと、大金を送った。親たちの嘆きはいかばかりか。その後、娘たちが弔われた場所からは樹が生え大木となり、見事な白い花を咲かせたという。

 これが泰山木の由来である。
 皇帝の我侭がなによりも優先された時代のおはなし。

 梅雨らしからぬ陽射しのきつい、のぼせそうなそんな朝。駅までの僅か数分の道のりでも汗が吹き出すよう朝。大木が気持ちよさげな木陰を道端に落としていた。朝陽に照らされ前日のなごりがリセットされた空気は、すでにたっぷり湿気をはらんで、その粒子に混じって甘やかで眠たげな香りが一面に漂っている。
 たまたま木陰が涼しげで足をとめたが、普段朝は気ばかりが急いて、あたりに目を向ける余裕もない。けれどこの香気が深く躰の内側に取りこまれると、そんなせかせかした気分も鎮まるようで、ついかたわらの大木を見上げた。
 繁った長楕円形の葉に埋もれるように、白い花弁がいくつも見える。タイサンボクが咲いていた。葉も厚いがこの樹は花そのものも、ひどく重厚で存在感がある。つぼみはぼってりとした白磁のとっくりに似ており、開くと掌を広げたようにも見える花。

       ぐるり

おはなし

贋作泰山木花由来

2

text|ren.smaragdo

       ぐるり

おはなし

 
 泰山木は、大木にならねば花はつけず、花開いても切花にはむかない。遠くからか、下から仰ぎ見るしかない花で、間近に花と接する機会なぞ、そうそうない。花が終ると、大きな花弁が朽ちた色で道端に落ちている。そんな風情をみていると、その昔手折られた娘たちの不憫な姿を思わずにはいられない。


   ゆふぐれの泰山木の白花は
   われのなげきをおほふがごとし

              斎藤茂吉

3

       ぐるり

おはなし

わたし も あなたがきらいです

text|ren.smaragdo

4

 そこまで一気にぶちまけて、ふっと息を吐いたあと、穏やかな声がきこえた。

「なにより一番いやなのは、それだけのことを普段からしているのに、自分はなにもしていない、と固く固く思いこんでいるところ」

 こんなことをいわれて、なんと返事ができるだろう。言葉がでずに面食らっていると唐突に電話が切れた。

 知人ではない、と言い切れる自信があるからいいようなものの、マイナスなエネルギーぶつけられて気分のいいひとなど、いない。

 とはいえ、見知らぬ相手に感情そのままむきだしでぶつけたら、多少は気分も晴れるのだろうか?

 携帯の画面にみしらぬ番号が表示されて、
いぶかしく思いながらも通話ボタンをおした。

「わたしはあなたがきらいです」

 ききおぼえのない女性の声だったが、念のため「もしもし?」とはいってみた。

まちがい電話にしろ、第一声で「きらいです」とはあんまりだ。失礼すぎる。

しかし、電話のむこう側では「もしもし?」のあと、一瞬の沈黙はあったけれど、次々と言葉がこぼれだす。

「自分勝手でいつでもひとの中心にいたがる」
「知識をひけらかして、恩着せがましい」
「自分以外のひとを見下す」
「悪口をいいだすと、空気も読まずに際限なくいいつのる」

 
 電話は切れた。

 でも、なんとなくむこう側から「あんたのことだよ」と、いわれている気がした。

 もちろん電話の女性に心当たりはないのだが、誰かに思いがけず、そんなふうに思われていないとも限らない。

 けれど、繋がってない電話越しにいってみる。



  「わたし も あなたがきらいです」

       ぐるり

おはなし

 







    あなたもひょっとして身近な誰かから
      そんなふうにおもわれているかも
               しれませんね






                                      ~Fin~

5

text|ren.smaragdo

photo|ren.smaragdo

       ぐるり

おはなし
作成日:2008 年 07 月 10 日

  • 著者:漣 祐貴
発行:漣 祐貴

©ren.smaragdo 2011 Printed in Japan

bcck: http://bccks.jp/bcck/15329
user: http://bccks.jp/dept/ren.smaragdo
format:LPT_03 #321

漣 祐貴

 

       ぐるり

おはなし