Title Please  |  Dummy

photo | Dummy

text | Dummy

このテキストボックスをクリックして本文を入力してください。※このダミーテキストは閲覧モードでは非表示になります。
このページオーマットは、この写真日記風ブックのデフォルトフォーマットです。正当派とでも言いましょうか、画像ボックスがドカンと入って主張しつつ、ここテキストボックスも原稿用紙1枚以上のがっつりタイプ。画像ボックスは同道した横位置で、コンパクトデジカメに多い4対3のサイズがパツーンとはまります。ブックのデザインも結構ワイルドなので、ストリートな写真はあたりまえすぎるようにはまりがいい。だけど、逆にエレガントな写真だったり、きゃわいい系のヴィジュアル要素を入れても、それはそれでまた別の味わいが生まれます。レイアウトはスタンダードなんですけどね。ですから、このブックを使う人次第で、ものすごく雰囲気が変わるブックだと思います。(約448文字)

004

5.30Fri20:04

photo | Dummy

text | Dummy

このテキストボックスをクリックして本文を入力してください。※このダミーテキストは閲覧モードでは非表示になります。
このページフォーマットは、このブックの中ではおとなしい部類。横位置写真が見開きの片側にしゅっと収まってる感じが、育ちがいい感じがします。画像ボックスの大きさはそこそこ、テキストボックスに入る原稿の量は実は横幅を稼いでいる分ボリュームがあります。生真面目な雰囲気のするページフォーマットでございます。とはいえ上品すぎるわけではなくて、ブックの紙のざらり感やビリッとエッジが千切れている感がありますので、ストリート系のコンテンツや、手作り系コンテンツにははまりがいいような気します。まったくその逆のパターンも、実はヨイ。上品なコンテンツを、このワイルドな本に押し込めるのもまた一興。ブック作りを楽しんでくださいませ。
(最大で540文字)

5.30Fri20:20

003

photo | Dummy

photo | Dummy

photo | Dummy

photo | Dummy

ここは文章を書くところです。このテキストボックスをクリックして本文を入力してください。※このダミーテキストは閲覧モードでは非表示になります。
このページは、「扉」や「中扉」「まえがき」「あとがき」などに使いやすいものです。ページの流れ上のアクセントとして使うのならば、このテキストボックスはOFFでいいかもしれません。タイトルと写真のみで勝負です。
逆に「まえがき」や「あとがき」に使用する場合は、タイトルが表示されているエレメントを消すと雰囲気がいやってほど出まくります。画像ナシでも大丈夫。このページフォーマットは実はとっても便利なんです。是非、お試しください。(約445文字)

text | Dummy

Title Please
  • 著者:Dummy
作 成 日:2008 年 06月 13日
発   行:Dummy
BSBN 1-01-00014367
ブックフォーマット:#310

photo | Dummy

photo | Dummy

photo | Dummy