REDsan no Himitsu  |  SAYAKA

一直線に進むエネルギー。的を絞って、どーっと行く感じ。
噴射するエネルギー。それは、REDさん特有の感覚ですね。

1

■色彩心理と言われても、
なかなかイメージしにくくないですか?
でも、その特徴をつかんだとき、
色を通して、日常に納得がいくし、
描いてるもの、好きな色、着てる色、
無意識だったいろんなものから
自分の気持ちが推し量れるようになる。
そこからやりたいことへの原動力もってくのって、
全然アリなんですよ。軸を知るって言うか。
■色彩と認識される光の波長は、
780ナノメートルから、380ナノメートルまで。
まずは、短波長780ナノメートル付近の、
REDさんからご紹介しようと思います!

REDさんのヒミツを、ご紹介したいと思います

2

REDさんというのは、活気があったりします。
身体ごと前に乗り出してくるような、
てゆーか、ホントに乗り出してきやがった!
という、
ある種の暑苦しさというか、
あんた温度高いわねー!っていう感じがあります。
ベラベラしゃべってるうちに、
頬が高潮して高ぶっちゃうような、あの熱っぽさ。
うおー、叫びだすぜ!
というような抑えきれないような衝動。
赤ん坊が腹から泣く、あの感覚。
熱いんです。
REDさん。

なんか熱い。

自分が弱ってるときなんか、うかつにREDさんに近づくと、ちょっと疲れがくることなんかも否めません。いや多分。

3

売れてる熱血営業マンなんか、非常にREDさんっぽいわけです。なんか、尊敬できます。

色は色々あるけれど、
要は「今」を一番生きている、REDさん。
ある意味究極のリアリストです。
思考的なというより、肉体的に。
ここに「居る」んだぜ~!
という叫びは、REDさん的なんですねえ。
だからこそ、
過去や未来に囚われず、現実的な考え方ができる!
これは大したもんです。
今できること、今動けることに集中して、
気づいたら、
え!もう活動してるの?!
ええ、だってREDさんですもの。

リアリストなんですって。

4

でもって、REDさんは、爆発元気系。
生きることに熱烈前向きで、
サバイバルもお手の物です。
生存競争に勝つ、ハングリーさったらありません。
放っておいても生き残るタイプです。
実際的なことにめっちゃ強い。
マグマの噴射さえ彷彿とする、そのエネルギー。
がつんと行きます。
生きてます。

生命力あふれる感じ。

生命力の塊、って感じなわけです。
現在、過去、未来って言ったら、ホントに「今」に生きてる。

そんなREDさん。
反発のエネルギーになったときの恐さは格別です。
塞がれたマグマが噴射するときの、
爆発的なエネルギーは凄まじく。
どっっかーん!
光で捉えても、短波長は、
海で言うならビッグウェーブ。
思いっきり退いて、どっかーんと来るあの波です。
その怒り、恨み、欲求不満は、
触らぬ神にタタリなし。危ないわけです要するに。
そもそもが真っ直ぐなREDさんですから、
怒ってても、一本気には変わりなく。
譲るも譲らないも、とにかく一直線なのです。

だから怒らせるとコワイ。

5

爆発しちゃったら、防具身につけて、とにかく退散です。
目っこウから戦おうなんて命知らずですよ。

6

7

8