とてもよいブックガイド  |  gabin

彫塑さま STATUES 著者:KINOTORIKO

photo | gabin

たまにゃあ新しいものも紹介すっぺ。
KINOTORIKOさんの「彫塑さま-STATUES」 
http://bccks.jp/bcck/12763

ヨーロッパをうろうろしていると、なーんか視線を感じる。ふと振り返るとそこには彫塑さまが!
ってな感じのヨーロッパの彫像が軽妙な文章と共に集められております。
幾度となく訪れたヨーロッパで、ついつい撮りためた彫塑さまたちが、BCCKSと出会って日の目を見たわけですなあ。ありがたや。
デジカメ画像を漁ると、こういうついつい撮ってしまった死蔵データまだまだ出てきそうですね。
KINOTORIKOさんは、イラストレーターであります。http://www.kinotori.com

イラストのブックもつくってほしいなあ〜。

text | gabin

11

いわゆる写真日記は数あれど、個人的にかなり好きな一冊が、MamitanさんのOtherCut
http://bccks.jp/bcck/11660

なんすかね、これ。
うまく言葉に出来ませんが「ちょうどいい感じ」がするんですよね。肩に力が入ってないというかなんというか。いやいや、肩に力が入りまくったものも好きなんですけどね。いろんな意味でバランスのいいブックだと思います。
他にもいろいろと感想あるんだけど、それはまた別に機会に。

"OtherCut" 著者 Mamitan

text | gabin

10

「ジムニージムニー」著者:HARADON

text | gabin

photo | gabin

9

HARADONさんの「ジムニージムニー」です。
http://bccks.jp/bcck/11552

作者にとって「でも一度も乗ったことがない。あこがれのクルマ」というジムニーを、街で見かける度に写真におさめたと思しき写真集。写真には、関係が写ると言ったのは誰だっけ? 街で見かける度に作者が「お」とか「あ」とか思ってあわててカメラを取り出しシャッターを切ったであろうそのたくさんの時間。そこまで気になる存在でありながら、オーナーになるわけでもないという、その距離感が写真に写っている、というか写真集という形になることで浮かび上がってくる。こういう埋もれた写真コレクションて、いろんな人のハードディスクにたくさんあるんだろうな。

わしも"Bee"で検索してみた。

text | gabin

photo | Cyron

8

hirobowさんの"CC.BEE" です。
http://bccks.jp/bcck/11301

あのですねー、BCCKSの意外と使われてない機能に、Flickrなどからの写真の利用があります。
ログインして「編集モード」→「写真検索」でクリエイティブ・コモンズライセンスの写真をバンバン使うことができるんですぞ。
文章は書きたい、なんかビジュアルも入れたいけど、自分には絵心もないし写真も苦手だし〜とかいう人は利用するといいですよ!
このブックは、筆者の蜂に対する愛情がほとばしってていいですねえ! ほかの人のほとばしりも見たい!

"CC.BEE" 著者:hirobow

"pipesbon!" 著者:doppac

text | gabin

7

doppacさんの"pipesbon!"です。
http://bccks.jp/bcck/11046

このブックは、Yahoo! Pipesってやつの面白さと使い方を解説してくれてる本ですね。
http://pipes.yahoo.com/
なにかの解説とかマニュアル本としてBCCKSを使ってほしいと思っていた矢先に登場したのでこれはうれしかった。もっとこんな風な使い方をしてほしいぜえええええ!
あ、ちなみに、現在はBCCKS本体からRSS配信しております。新着情報以外にも、ユーザーごとの新着・更新情報もとれますので利用してくださいませ。

だからと言って探して見るところまでいく映画はほとんどないかもしれませんが。

「人喰い映画祭」著者:とみさわ昭仁

text | gabin

6

とみさわ昭仁さんの「人喰い映画祭」です。
http://bccks.jp/bcck/27

ひたすら「人が喰われる映画」が淡々と紹介され続けるという奇なブック。「人喰い」と「淡々」のコントラストが沁みる。表紙もサイコー。とみさわさんはこのブックができた後も、淡々と電車の中で毎日メモを片手に人喰い映画を見続けているようです。コレクターって!
このブックは、まだユーザーが本を作ることの出来なかった時代の、BCCKSの初期の初期に作られたものです。ですから、フォーマットでまったくこれと同じものができるわけではありません。でも、ほぼ同じものは作れますよね。コレクター体質の人は参考にしてみてください!

text | gabin

5

BCCKSのトップページには現在(08/03/21)ふたつのバナーがありますけど、それクリックしてみたことありますかーねー?
そこには、ちょっと特別なブックがたんまりあるんですよ。見てなかったら見て今すぐナウ! オススメだらけー! 
日本を代表するグラフィック・デザイナー入魂のブックがたくさん! 
TDC BCCKS
http://tdc.bccks.jp/
いろいろありますよ、ほんと。参考にどぞ!
http://bccks.jp/bcck/tdc2014
http://bccks.jp/bcck/tdc2006
http://bccks.jp/bcck/tdc2020
http://bccks.jp/bcck/tdc2019

TDC BCCKSって見たことありますかに?

紙のバージョンの本も作ってみたんですよ。紙のバージョンって普通に本のことですが。

BCCKSのトップにあるバナー(08/03/21現在)のひとつが、point.bccks.ですよ。
http://point.bccks.jp/

ここはpointのオヨーフクが魅力的に展開されているブックがたくさん並んでいるのですが、それだけじゃないって知ってました?知ってた?
鴨料理食べるために、狩りからはじめたり。
Cook!
http://bccks.jp/bcck/1042
剥製を肴にいろいろな方がエッセイを書いてたりします。ちょくちょく覗くのが吉です!
STUFFED/剥製 いとうせいこう
http://bccks.jp/bcck/1029

4

text | gabin

point.bccksてのもあるです。

せいこうさんの表紙を貼ってみたりして。みくみず、じゃなくて、みみずくですから!