絵と にっき  |  saori

絵と
にっき

text | saori

言語の違う人  

あること、すること

あるって、それだけでもう、与えられている、と感じた。 何かが無い中で、あることが。
それは才能でもないし、権利も必要ないけど。 
かならず目的の為に、何かをするわけじゃない。
伝える為とか、表現する為である必要もないね。違う何かの結果とか方法だったり。 
意味も理由も違って良いね。 どっちかは価値が無いわけでもない。
伝わるかは、相手がいなきゃ、分からないな。 
もし隠してもばれるかも。
自分でも、ちゃんとは分かんないし。
でも、すること自体、していられることが、自分にとって、良かったなぁ。
祈りと救いは同じかもしれない。 信じるとか。
すること自体が、結果なのかも。

41

20091218

text | saori

心につかえていたものが取れたみたい。
今まで自分を抑圧していたのが、自然に出てくるようになってきた。 
疑わずにすむようになった。 自分とか人とか。
それは人と接して思った事だ。
ずっと否定が当たり前だったからかな。 必要なのは、存在の肯定だったんだ。
悲しくないって事に慣れてなくて、逆に不安になった。 上手くいかない事や、どうしようもない事とか、山ほどあるのにおかしいなーって。
楽になって、一安心したいところだけど、まだまだ全然だよなー。 色々忘れちゃいけないな。
開放すると気持ち良いねー。
まあ、開放しすぎも人に迷惑だったり、危なかったりするから気を付けなきゃな。

森をぬけたところ

200966

40

開放

今日で私がBCCKSを始めてから丸1年。
いろいろな皆さん、ありがとう。 
私にとってBCCKSは、不特定多数の、知らない友達の様だった。 言いたくて、伝えたくて、傷付けたくなくて、嫌われたくなくて。
私はずっと、自分が何なのか分からなくて、上手くいかなくて、死ぬのも生きるのも嫌で、怖くて人がいると構えてしまって、気持ちが伝えられなくて、苦しくても、その場からは逃げ出せずに、当たり前の様に自分の心からはすぐ逃げた。
私は自分が絵を書く様に、素直になりたかったんだ。 考えても、理想を求めても出来なくて。
下手でも良いって思いたかった。 
そしてどれかが本当とかじゃなくて、全部自分だって言いたかったんだ、ずっと。

text | saori

200931

まるごし 宇宙

39

ありがとう

20081228

運命

38

運命なんて信じてない。 それじゃあ悩んだって、同じみたい。
悩んで楽しいのは、答えが変わるからだ。 
決まってるなら、なんで私に選ばせるんだ。 
どっちを選んだって、それで幸せになれるとか決まるはずない。 決断する時、まっさらな1秒に踏み出してると思わなきゃ、生きてるって感じられるはずがない。 だけど、どっちを選んだって、何かからは逃げられて、何かには直面する。
過ぎてみてから運命だったんだってつぶやくよ。そういう意味では全部そうだと思ってる。 例えば昨日じゃなくて今日だという事。 同じ事をやっても、同じにはならない。 何もかも、いとおしいほど取り返しがつかないし、変えたいとも思わない。 私が選んだのが唯一答えだ。

text | saori

おんな     良い人間にならないと

text | saori

今まで何年にも渡って抱えていた大きな問題が終結したように思う。 区切りがつけられた。  生きてるだけで息苦しかった時。 「普通」に生きる事すら分からなくなる位、自分は意識して、不自然でしかいられなかった。 自分の中にあるのに、無い事にされたり、強がる事で本当に強いと思われた反動で、嘘でもわざとでも無いけど、本当でも無くて、弱がっていた。 だけど、人から見えてる私は、ちっとも私じゃなくて、でもそれが私の望んだ姿だった。 どっちみち辛くて、結局は自分そのものでいるしかなかった。
その後は自然解凍されていって、今は、もっと気楽に生きていられる。 見えない壁は、乗り越える事もなく、消えて無くなった。 後になってみると、分からなくなるものなのかなぁ。

大阪に行くたびに転機が訪れるのは、大阪で生まれたからかなぁ

20081130

37

言う

text | saori

ずっともやもやしていた。 言いたくても、その日に文をまとめて絵を書き上げる事ができない。
その日考えた事を書くと決めて、ずっと言いたかった事がまだ言えない。
進むためのルールが私を止めている。 そのルールが機能していたのは、時間と新鮮さがあったあの時だけで、今は、吐き出さず、積もっていく気持ちに混じって、次の気持ちがよく見えない。
分かりかけた事も忘れていって、このままじゃ、永遠に言えない。
毎日書かなくなった時から、そうだ。 書けなくても日々は進んでいくのだから。 それが無理ならやらないなんて、全くばかばかしかった。 始めた時と同じではいられない。 だから、これから言おうと思ったのが、まさに今だった。

20081012

いつも分からない。 長所と特技と頑張った事。   あさ

36

立ち上がる

text | saori

希望とか目標を言う事で、出来ない自分が余計に怖くなって、黙った。 だけど、格好つけても意味ないね。 誰に隠したいんだよ、自分を。
私は、時の流れにそって進んだだけで、自分の足で、ぐいぐい歩いていた訳じゃなかった。 頑張ろうと思う事すら、何だか受け身で、単に年齢や期限が来るからだった。 自らの意思で、積極的に生きて行くんだという自覚がなかった。 生まれてきたから生きてるだけだった。
なまりきった体や心は、すぐには動いてくれない。 だから、歩く練習ではなく、立つ練習からやり直す。 だから、今日出来ないやつは、明日も出来ないなんて言わないでよ。 昨日諦めてしまった事でも、今日は諦めない。 いつだって、始めた時が始まりだし。

今年の秋はマニッシュでいきたい  夏休み残り10日 課題終わらせなきゃ

200897

35

お行儀    過去の自分に共感してみるのも良いかも   夏休み 

34

text | saori

今さらだとかいって、本当はやりたいくせに、抑えつけるのは、やめた。 昨日までの自分と同じ必要はないし。 気付いたら、すぐ改める。
悪化させるより、ましだとか、周りへの遠慮とかで、出来ないでいた事。 解決したはずの悩みに、またつまづいてるとかで、がっかりしても、能力が無いからやめようとか、もう思わない。
人生が、何の為にあるか考えても、決めてないから、諦めるのは、終わってからだって良いね。 
きっと、何かし続ける方が、結果がもし出なくても、よっぽど精神的には意味があるだろう。
全部が全部、良くなったかは分からないけど、少しずつでも、変わってるのは確かだ。 
上にのぼる事だけじゃなく、横に行く事も、一種の成長かな。

開き直す

200883