ZAKKAN  |  gabin

1

22

運転してる時、同乗者が寝てしまうことが嫌いではない。というか好きだ。好きなので、積極的に寝かせよう寝かせようと思って運転してしまう。そしてそういう運転がくせになった。これをもう長年続けてきているので、同乗者した方々を寝かせることには相当な自信があるわけです。
郊外に引っ越してから、都内を運転することが少なくなって、長い距離を人を乗せて走ることが少なくなってしまったのだけど、入眠障害の人とかは僕の運転するクルマに乗るといいと思いますよ。

睡眠のための運転

text | gabin

gabin

2008413

ひとりで運転してる時はぎょわーって行きます。

21

原始人に祝われた日

text | gabin

photo | hironori oooka

「打ち合わせだから来るよーに!」
と休日呼びされてトコトコと馬喰横山まで行ったら、そこはわしの誕生会場だった。
イス嬢の妄想的企てによってかなり頭のおかしいイベントが催されとった。
アホほどの準備と、ムリを押しての実行力に素直に感謝しとくかー。ありがとう〜。

2008412

10人ほどの原始人の踊りを見せていただいのだが、ひとりよその国の人が混じっていた。

text | gabin

2008411

20

故あって、とあるギャラリーへ。
詳しくは後日!!

きづかれない 水 たにん

gabin

text | gabin

photo | gabin

即興

新宿で大友良英+山本精一Duo

ネグリのイベントでその場でルールを生成するスポーツというものをでっちあげて以来、即興というものについて生まれて初めて考えている。
とゆーわけで大友良英さんのライブをいてもたってもいられないのっぴきならない気持ちで見に行く。
結論としては、より一層わからなくなった。
演奏はよかったス。なんか大友さん唄いましたよ。唄った!

19

会場に来ていたおそらく最年少のお客さま。幼児として完璧なフォルムですねこの方は。

2008410

photo | gabin

200849

清澄白河駅そばの公園の鯉にエサをやろうとしてもムダ。すべて鴨が食ってしまう。

18

東京都現代美術館でやっている川俣正展「通路」の最終週なので、あわてて見に行く。やべー。やべー。来てよかったー。もちろん川俣さんのことはスゴイとこれまでも思っていたわけだけど、ナマモノをじろじろと細部まで眺めるとそのスゴサに身震いする。
一見すると乱暴な作品なわけだが、実物に触れるとその繊細さに打たれる。絶妙なバランスですべてのものが成り立っている。やべえなあ〜。あと川俣さんは実はプレゼンがものすごくうまい。会場をうろつくいろんな瞬間瞬間にストンと納得する。

川俣正展「通路」

text | gabin

200846

17

湯沢

text | gabin

photo | gabin

子供が急にスノボに目覚めたので、花見の酒の残る頭でガーラ湯沢に向かう。メンツは昨日の花見で誘ったハンキンとハンキンのヨメ(脳内)とうちの子供とオレ。
3年ぶりのスノボは、自分でもびっくりするくらいに滑れなかった。も、ぜんぜんダメ。シーズン終わりのこの時期に体からダメ出しをされても困る。GWまでにもう一回ムリしていくべきかどうか。うんぬ〜? しかし、できないことっていうのは面白いなあ。いい年こいて半泣きになることができるという幸せ。
ハンキンは仕切りにモデルのように美しいというヨメ(脳内)に話しかけていた。わしには見えなかったけど。。

咲き乱れる桜を見ていると、つい子供を踏みたくなる。なんか笑ってるし。

シャバの花見

text | gabin

hironori oooka

16

200845

毎年恒例の目黒川沿いの24時間耐久花見。
今回は、ケコーンしたカッポレが3組もあったので、ウェディングお好み焼き5段重ねを焼いてもらったりしたものの、焼き上がりの時間にカップルがてんで揃わないという幸先の良いものとなった。
この花見、わしらの1年にとってはたいへん重要なものでして、この席でしか会わないという人も多いんだよねえ。花見は場所代もかからないし、ぶらっときてぶらっと帰ってもいいし、理想的な宴会のカタチだよなあと思う。
いつも終電で帰っちゃってるので片付けのたいへんさとかは知らないのでノンキなものですが。

帰りがてらにKATHY PINK & moOog yamamOTOさんニューユニットPINKoOoを見に行ったのだが、始まったところで終電ギリギリ時間になって退散で残念。
しかし山川冬樹+伊東篤宏を目撃できた。
伊東さんの蛍光灯楽器オプトロンは、かっこええのう〜。テノリオンより、こっちのほうがだんぜん好きだなあ。わけわかんなくて。それにテノリオンよりオプトロンの方が楽器らしく感じる。
そもそも僕は蛍光灯が好きだ。
この青さとか、冷たさとか、フリッカーとか、ひじょーに日本っぽくてヨイ。だいたい日本人の顔つきのフラットさには、フラットな光が合うでしょう。キャンドルの代替的な明かりとか、あかーん!

200844

伊東篤宏さんのパフォーマンス

15

蛍光

text | gabin

taeko isu