検索

「子供」の検索結果 474件中 461-474件

< 1 ... 20 | 21 | 22 | 23 | 24 >

4 1/2

橋本大和

大阪・谷町六丁目の築百年になる長屋の奥には、「ポコペン」という四畳半のカフェバーがあって、そこには「子供鉅人」という名の劇団が居を構えています。
彼ら 子供鉅人はじめ、被写体になってくれた皆様に心からの感謝を込めて。

...... [2]

4年

iwaki1966

2009年7月。
四年間これまで撮りためたものをまとめてみました。
 

...... [1]

あくび

acane

...... [1]

Buchuuu!

Hustler

美味しいものを食べるとこんな顔になっちゃいます

...... [1]

あまいおうち

SNAGA

プリンの家に集う子供たち

...... [1]

VANUATU

pace

南太平洋に浮かぶ、世界で一番幸せな国バヌアツ共和国。人なつっこくおおらかな性格のバヌアツ人たちは道ですれ違うたびに「ハロー」と微笑み合う。
手つかずの偉大な自然とおおらかな笑顔が魅力の南国の写真。

...... [1]

じっとみて。

aomushi

詩人ゲーテの見つけた補色残像効果で集中力を育てる絵本。


慌ただしい毎日の中で集中出来ない、
じっとしていることが苦手、そんな子供たちのために、
見つめることで集中力が育つ「不思議な色彩絵本」を作りました。

この絵本はユニークでカンタンな「1・2・3」のステップで
楽しんでいただけます。
「1・2・3」ステップとは、
【1】左ページのカラフルな絵を 「じっと見て」(30秒間)
【2】シルエットだけの右ページに 「目を移す」
【3】何やらさっきとは違う色が 「見えた!」 という喜びと驚きがうまれます。

かの著名な劇作家でドイツの詩人ゲーテが発見したこの不思議な目の現象(補色残像現象)は、1980年代にオーストリア・ザルツブルク大学教授で色彩心理学者のDr.ハインリッヒ・フレイリングが実際に心理療法として取れ入れたことでも有名です。

この絵本は、色彩の面白さだけではなく、メッセージ性の高いストーリーや日本語以外の身近な外国語 (英語、中国語、韓国語) もお楽しみいただけます。
子どもたちだけではなく、多くの大人たちにとってもお楽しみいただけることでしょう。
ぜひ、お試し下さい。

...... [1]

目映い表面、色あせる断面。

清家政人

最近、子供が生まれました。文字どおり手当り次第になんでも手にする我が子を見つめていると、人生に於いて、無駄なものなんて何も無いんだと、思い知らされます。君の目には、テーブルクロスの花柄と、公園の花壇のお花が、同等に愛おしく映るのですね。それって写真の本質に似ていると思いました。

...... [1]

White forest

akie joo

kids photo

...... [1]

sunday

kiyomi

ハイエナとリスと鳥と子供と日曜日。
そんな写真です。

...... [1]

on the Road

andy

水を踏み越え、土地を辿って、やがて異国に至った。

...... [1]

HOw tO plAy In a kinDErgArtEn

sensei

2003年に撮影したシリーズをBCCKSでどうぞ。

...... [1]

tsubuyaki

kaba

感情のリアルみたいな事を伝えられればいいと思い作りました。少しでも、何か感じて貰えたら幸いです。

...... [1]

Kanaky

Mika.

ニューカレドニア。楽園と謳われるここは、只々、ひたすらに、穏やかなところだ。

朝市の活気、ノラ犬の闊歩、子供たちのはしゃぎ声、長い夕暮れ時のささやかな集まり…

どこまでも明るく、底抜けな優しさ。

...... [1]

purple flower

tsubasa

これらの写真は2009年3月からおよそ3週間に渡って自室で(深夜)撮影されたものです。
BCCKSに限らないことだけど、撮影者がその写真の正確な日時と撮影場所を記すことはあまりないようだし、特に必要とされていないことは確かみたいだ。

一人暮らしの人にとっては、部屋に花があることはまれで、できればイミテーションのものは省いてもらいたいけど。そのひとが花に特別な思いを馳せているか。友人や、家族や、彼氏彼女がお花屋さんでアルバイトしているか。またそういった環境が身近にあるかないかで、かなり違ってくるだろうけど。

数年ぶりに他人から頂いたので、最初はペットボトルに挿していたのだけど、どうにも退屈してか(とても飽き易い性格なので)子供が壁にマジックペンで落書きするようにして、テープでぺたぺた張りつけて、時には花を毟るようにして、撮影しました。

今さらですが、撮影者による解説は不要だ。との考えをお持ちの方は、読まずにブックをめくることをお勧めします。説明文を読むよりはるかに分かりやすく、心に響くのかも知れませんし、自分もそれを否定することはできないからです。

...... [1]

2009年3月8日 デジタル絵本ワークショップ作品集

Pecko

ワークショップでつくった子供たちの作品です

...... [1]

tsu-zu-ku

tomon

子供の頃テレビアニメのおしまいには『つづく』という画面でたちまちのひとときから現実にもどされたものです。きれぎれの写真たちのおとぎ話。一枚の写真からそのつづきを想像する、それは作者との対話だったり、自分の内面へのトリップだったり。できるだけ空想の世界へはいれるようなものを編めたらと思っています。

...... [1]

家の妻

mibu

写真家の妻を撮った。
彼女はいつも子供みたいに行動する。
思いのままに行動する妻をとらえた写真たちです。

...... [1]


< 1 ... 20 | 21 | 22 | 23 | 24 >