PRESS RELEASE

PRESS RELEASE > 映画『色即ぜねれいしょん』劇場公開×ユースホステル誕生100周年記念“行かへん?ユースの旅”キャンペーン連動企画「みんなの旅アルバム&フォトコンテスト」実施中!

[2009/08/13]
映画『色即ぜねれいしょん』劇場公開×ユースホステル誕生100周年記念“行かへん?ユースの旅”キャンペーン連動企画「みんなの旅アルバム&フォトコンテスト」実施中! (PDF
======================================================================

みうらじゅん原作・田口トモロヲ原作、この夏注目の
映画『色即ぜねれいしょん』劇場公開×ユースホステル誕生100周年記念
“行かへん?ユースの旅”キャンペーン連動企画
「みんなの旅アルバム&フォトコンテスト」実施中!

http://bccks.jp/center/shikisoku

======================================================================


株式会社BCCKS(ブックス)[本社:東京都品川区 代表取締役 山本祐子] は、今週末8月15日(土)より公開するこの夏注目の映画『色即ぜねれいしょん』(配給:スタイルジャム)とのコラボレーション企画として“行かへん?ユースの旅”「みんなの旅アルバム& フォトコンテスト」を実施中であることを発表しました。

映画『色即ぜねれいしょん』は、みうらじゅん原作、田口トモロヲ監督、そしてミラクルなキャストによるこの夏大注目の青春音楽映画で、8月15日より全国ロードショーとなります。本作は、青春まっただ中の少年が、ロックに憧れ、旅に出て、恋を知り、別れを経験し、そのひと夏の旅で得た経験が彼の人生に大きな影響を与えていくという成長物語、その旅の舞台となり、彼に大きな影響を与える人たちとの出会いの場(宿泊地)となったのが、今年で誕生100周年を迎え、日本全国280カ所、世界4000カ所以上、世界中の若者たちの旅をサポートし続けているユースホステル。

BCCKSでは、この映画公開を記念して行われる日本ユースホステル協会との特別企画“行かへん?ユースの旅”キャンペーンと連動し、「みんなの旅アルバ ム&フォトコンテスト」を実施中です。

この企画は、皆さんのユースホステルでの旅の思い出を写真と共に募集。皆さんの旅の思い出が素敵なフォトアルバムとなります。投稿された写真は自動的にフォトコンテスト にエントリーされ、出演者や映画スタッフによる審査の上、受賞者には豪華グッズが贈呈されます。また投稿された内容は、映画『色即ぜねれいしょん』公式サイト内コンテンツ「行かへん?ユースの旅」に連動表示されます。

この夏はぜひ、映画『色即ぜねれいしょん』と共に、全国各地のユースホステルへの旅に、“行かへん?ユースの旅”に 写真と共にあなたの思い出を投稿してみてはいかがでしょうか。

BCCKSでは今後もさまざまな企業やブランド、コンテンツと連動した企画を実施していく予定です。


■映画『色即ぜねれいしょん』
“青春”x“旅”x“音楽”、僕らの世界が少しずつ変わりはじめる。  原作はみうらじゅんの自伝的な青春小説「色即ぜねれいしょん」。“青春ノイローゼ ”まっただ中のモテない少年が、音楽に目覚め、旅をとおして出会いと別れを経験する、ロックに憧れ、旅に出るという、ひと夏の成長物語だ。そして、この青春小説の傑作を全編京都ロケで完全映画化したのは、盟友・田口トモロヲ。若者から圧倒的な支持と共感を集めた『アイデン&ティティ』に続くゴールデンコンビの復活である。脚本には「リンダ リンダリンダ」の向井康介を起用。主人公の純役には、2,000人を超えるオーディションの中から当時現役高校生だった期待の大穴新人、渡辺大知が大抜擢。さらに23年振りの映画出演となる堀ちえみ、「ぐるりのこと」での演技が絶賛されたリリー・フランキー、今作で女優としての才能を開花させた臼田あさ美ら俳優陣に、このところ映画での活躍がめざましい峯田和伸(銀杏BOYZ)、待望の映画初出演となる岸田繁(くるり)というミュージシャン勢が加わったミラクルなキャストが集結。

スペースシャワーTV20周年記念作品/タワーレコード30周年記念作品 /KBS京都テレビ開局40周年記念作品/ユースホステル誕生100周年記念作品
公式WEBサイト http://shikisoku.jp


■BCCKS 本社所在地:東京都品川区/代表取締役:山本祐子
誰でもカンタンにweb「本」を作ることができる
新コンセプトのCGM (Consumer Generated Media) サービスサイト。
用意されている様々な書籍や雑誌のテンプレートを使って、web上に「雑誌」や「写真集」「日記」といった「本」のようなメディア(ブック)を、誰でも簡単に作ることができる。デザイナー松本弦人が、コンセプトデザインおよびアートディレクションを手掛け、さまざまな経歴や経験を持ったメンバーが集まり、「編集」「デザイン」を切り口にこれまでにない新しいwebの可能性を追求。webの上に「もうひとつの本の形=BCCKS」を提案していく。
関連サイト:http://bccks.jp/