ブック情報

利絵子の夏(1)

1
takahasitaka
高橋隆
高橋隆
2010.08.26
2010.08.29

ブックの説明

とある夏の日。私は父の仕事の関係で、ひっそりとした田舎町へやってきた。今までの学校生活における、さまざまな人間関係から切り離された生活。それは、私が生まれてきてから初めて、自己の存在について考えるきっかけとなっていった。

利絵子の夏(1)

ブログパーツはこちら

このページへのリンクURL

最近書かれた書評

様々な
ジャンルの
bcckCenter
はこちら

  • BCCKSの殿堂